コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身請 みうけ

1件 の用語解説(身請の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みうけ【身請】

質物となっている人や,年季に売られた人を,対価を支払って請け戻すこと。中世・近世前半には,子女などを質に置いて借金することや年季売あるいは本金(銭)返(買戻し特約付売買)などが行われていた。この場合に,質置主や売主が本金(すなわち身代金)等を支払って,身柄を請け出すことを身請といった。人の質置や年季売はしだいに年季奉公に移行したが,遊女や飯盛女などの年季奉公契約は人身売買の実質をとどめており,これらの奉公人請状には〈この者,身請なされたく申す仁(じん)これあり候はば,御礼金何程お取りなされ,何方へなりとも,年季の外末々に至るまでお出し下さるべく候,本人出世の儀に候えば,けっして申しぶんこれ無く候〉というような身請承諾文言が記載されるのがふつうであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

身請の関連キーワード年季奉公売られた花嫁先生当の年季年季証文年季者夢助年季が入る炭質物

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

身請の関連情報