コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍手 グンテ

デジタル大辞泉の解説

ぐん‐て【軍手】

太い白の木綿糸で編んだ作業用の手袋。もと、軍用に作られたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぐんて【軍手】

旧陸海軍兵士が用いた軍用手袋の略称。さらしてない太番手の綿糸で編んだメリヤス製手袋の一種。同様に編んだ白靴下を軍足(ぐんそく)というが,いずれも軍隊での呼称ではなく,民間の呼称である。左右の区別がない。廉価で耐久性のあるところから,作業用の手袋として一般に広く使用されている。日本で考え出されたもので,第2次大戦前にはアジア,アメリカなどへ輸出もされていた。【太田 臨一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぐんて【軍手】

もと軍用の手袋。太い白の木綿糸で織る。作業用に使う。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軍手
ぐんて

手袋の一種。軍用手袋の略称。現代では大衆化して、労働、登山などに使用される実用品である。木綿の白無地のメリヤス編み製品で、軍足とともに左右表裏の別なく使用されるところから利用範囲は広い。こうした形式で現存する最古のものは、元禄(げんろく)時代(1688~1704)の初代三井八郎右衛門(はちろうえもん)所用のものである。これは甲にあたる部分に菱形(ひしがた)の模様が編み出されているのが特色である。[遠藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

軍手の関連キーワード長浦友季子平岡 潤重箱読みマンソン納戸方遠藤

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軍手の関連情報