コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍用爆薬 ぐんようばくやく

世界大百科事典 第2版の解説

ぐんようばくやく【軍用爆薬】

軍事目的に主として使用される爆薬high explosiveで,砲弾,爆弾,魚雷,ロケットの弾頭,核兵器などに充てんして用いられる。その性能としては,単位容積または単位重量当り大きな威力があること,爆ごう(轟)速度が大きいこと,貯蔵安定性が良いこと,打撃に対する感度が低いこと,などが要求される。 代表的な軍用爆薬としては,ピクリン酸,ピクリン酸アンモニウム(エクスプローシブD),トリニトロトルエン(TNT),ペントリット(PETN),テトリルヘキソーゲン(RDX),オクトーゲン(HMX)およびこれらを組み合わせて混合したものなどがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軍用爆薬
ぐんようばくやく
military explosive

火薬類のうち主として軍事目的に使われる爆薬をさす。砲弾、爆弾、魚雷、機雷、ロケットの弾頭、核兵器などに充填(じゅうてん)して用いられている。その性能としては、単位容積または単位重量当り大きな爆発威力があること、爆轟(ばくごう)速度が大きいこと、貯蔵安定性がよいこと、打撃に対する感度が低いことなどが要求される。代表的な軍用化合爆薬には、ピクリン酸(下瀬(しもせ)火薬)、ピクリン酸アンモニウム(D爆薬explosive D)、トリニトロトルエン(TNT)、ペンスリット(PETN)、テトリル(CE)、ヘキソーゲン(RDX)、オクトーゲン(HMX)、ヘキサニトロスチルベン(HNS)、トリアミノトリニトロベンゼン(TATB)などがある。これらはいずれも単一の化合物の化合爆薬であるが、混合することによって目的の性能を与えた軍用混合爆薬も存在する。代表的な軍用混合爆薬としては、コンポジションB(RDX、TNTとワックスとの混合物)、可塑性爆薬plastic bonded explosive(PBX)のPBXシリーズ(アメリカのロス・アラモス研究所で開発された可塑性爆薬)やLXシリーズ(アメリカのローレンス・リバモア研究所で開発された可塑性爆薬)、混合液体爆薬などがある。
 従来の軍用爆薬はおもに次の三つの目的に使われ、それぞれの目的に適するような性質の爆薬と砲弾等の形状が選ばれている。(1)砲弾等を破裂させて、その破片によって敵の人員を殺傷する。(2)爆発の爆風によって敵の人員、建物や装置を破壊する。(3)成型爆薬から発生する高温高圧のメタルジェット(ノイマンジェット)によって装甲車のような標的の装甲に孔(あな)をあける。[吉田忠雄・伊達新吾]
『弾道学研究会編『火器弾薬技術ハンドブック』改訂版(2003・防衛技術協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

軍用爆薬の関連キーワードシクロトリメチレントリニトラミンペンスリット下瀬火薬火薬

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android