コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下瀬火薬 しもせかやく Shimose explosive

6件 の用語解説(下瀬火薬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下瀬火薬
しもせかやく
Shimose explosive

ピクリン酸を主成分とした炸薬,爆破薬。下瀬雅允が 1893年に発明し,日本海軍の制式爆薬とされた。下瀬火薬日露戦争で使用され,大きな効果をあげたことから,その名は史上に顕著であるが,現在ではトリニトロトルエンに取って代られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しもせ‐かやく〔‐クワヤク〕【下瀬火薬】

明治21年(1888)下瀬雅允(まさちか)が創製した、ピクリン酸を主体とした黄色火薬。日露戦争で日本海軍が使用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

下瀬火薬【しもせかやく】

海軍技手下瀬雅允(まさちか)〔1859-1909〕が1888年に発明し,1893年海軍の制式爆薬として採用された炸薬(さくやく)。本体はピクリン酸。日露戦争で使用されその威力が注目された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しもせかやく【下瀬火薬】

下瀬雅允(まさちか)(1859‐1911)の研究によりつくられた爆薬で,日本海軍の制式爆薬として1893年に採用された。その成分は長い間神秘のベールに包まれていたが,実はピクリン酸そのものであった。ピクリン酸は1884年フランス軍によってメリニットméliniteという名称で制式爆薬に採用され,88年イギリスでもリダイトlydditeという名で使用されはじめた。下瀬は88年にこれに着目し,研究の結果,ピクリン酸を弾丸に充てんする方法を考案し,弾丸の炸裂威力を列国に先んじて高めることに成功した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しもせかやく【下瀬火薬】

下瀬雅允まさちかが開発したピクリン酸を主成分とする火薬。1893年(明治26)炸薬さくやくとして海軍に採用され、日露戦争に用いられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下瀬火薬
しもせかやく
the Shimose explosivethe Shimose powder

下瀬雅允(まさちか)の研究により日本海軍の制式爆薬として1893年(明治26)に採用された軍用爆薬。その成分は長い間秘密とされていたが、下瀬火薬はピクリン酸そのものである。ピクリン酸は1885年フランス軍によって制式爆薬に採用された。下瀬は1888年にこれに着目し、ピクリン酸を弾丸に充填(じゅうてん)する方法を考案し、弾丸の炸裂(さくれつ)威力を各国に先んじて高めることに成功した。
 下瀬火薬の製造所は1899年に東京・滝野川(たきのがわ)につくられ、大量生産されて日露戦争で使われた。砲弾のみならず魚雷および機雷の炸薬として太平洋戦争終戦まで使われた。衝撃や摩擦に対する感度が高いこと、重金属と化合して非常に鋭敏なピクリン酸塩をつくること、腔発(こうはつ)(砲弾内の炸薬が発射の際の加速度により砲身内で爆発して砲身を破壊)しやすいことなどが、ピクリン酸すなわち下瀬火薬の欠点であった。[吉田忠雄・伊達新吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下瀬火薬の関連キーワード下瀬雅允池田政周井上正鄰佐野政親建部政周辻政近戸沢正親豊田政親中臣政親平田正親

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下瀬火薬の関連情報