コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動く イゴク

4件 の用語解説(動くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いご・く【動く】

[動カ五(四)]うごく」の音変化。
「いくら言訳を云っても、坐り込んで―・かないんだもの」〈漱石道草

うご・く【動く】

[動カ五(四)]
ものの位置が変わる。移動する。「雲が―・く」「―・かないでここで待ちなさい」
地位などが変わる。異動する。「職場を―・く」「別のポストに―・く」
もとが固定しているものの一部が揺れたり振れたりする。「風で木の葉が―・く」「歯が―・く」
からだが活動する。ある働きや反応を示す。「腕がしびれて―・かない」
物事の内容・状態が変わる。変化・変動する。「相場が―・く」「世界は激しく―・いている」
他からの作用・影響を受けて、心に変化が生じる。心が動揺する。「決心が―・く」「食指が―・く」
目的をもって、ある行為を行う。活動する。行動する。「黒幕が―・く」「警察が―・き出す」「人の指図で―・くような男ではない」
機械などが作動する。機能を発揮する。「時計が―・かない」「工事が終わって電車が―・きはじめた」
(「うごかぬ」「うごかない」などの形で)変わることがない。確実である。「―・かぬ証拠」「彼の入閣はもはや―・かない」
[可能]うごける

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いごく【動く】

( 動四 )
「うごく」の転。 「ただ上げてみれども-・かぬ/狂言・石神」

うごく【動く】

( 動五[四] )
物の位置・方向などが一定せず、変わる。一か所を固定されたものが揺れる。 「静かにしろ。-・くと撃つぞ」 「右手が痛くて-・かない」 「地震で机が-・いた」 「乳歯がぐらぐら-・く」
機械などが機能する。 「風で-・く発電装置」 「電池で-・く時計」 「心臓が-・く」
人や組織が活動する。行動する。 「このごろの新入社員は命令されないと-・かない」 「警察が-・き出したらしい」
ものごとの状態が変化する。 「ここ一週間、相場があまり-・かない」 「世の中がめまぐるしく-・く」
心が変化する。特に、あるものの方へ気持ちが向かう。 「倍の給料を出すと言われると心が-・く」 「中々心-・きておぼし乱る/源氏 賢木
確定的でない。打ち消しを伴って用いる。 「 - ・かぬ証拠」 「今後何年たってもこの結論は-・かないだろう」
組織における地位・職務・勤務場所などが変わる。 「こんど A さんが-・くらしい」 〔「動かす」に対する自動詞〕
[可能] うごける
[慣用] 食指しよくしが- / 挺子てこでも動かない

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動くの関連キーワード静止人が変わる色変り打変る代る事変る死に変る世変り色が変わる紙の猫砂アリル転移

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

動くの関連情報