真鴨(読み)マガモ

大辞林 第三版の解説

まがも【真鴨】

カモ目カモ科の水鳥。全長60センチメートルほどで、雄は頭部が光沢のある暗緑色、胸が栗色で首に白い輪がある。雌はじみな褐色。池や海上などに群れて休み、主として夜間に餌えさをとる。ユーラシア・北米に広く分布。日本各地に冬鳥として渡来。アヒルの原種。「あおくび」ともいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ま‐がも【真鴨】

〘名〙 (古くは「まかも」) カモ科の鳥。やや大形のカモで、全長五五~六〇センチメートル。雄の頭・くびは緑色の金属光沢をおびた黒色で、くびに顕著な白輪がある。背面は灰褐色で翼鏡は紫または緑に光る暗青色を呈する。腹面は灰褐色で上胸部は紫褐色。上尾筒の中央の四枚は上に巻き上がっている。雌は全体に褐色で、羽毛のへりは淡い。雄は夏には雌に似た羽色に変わる。北半球に広く分布し、日本では、北海道などで繁殖し、多くは九月から一一月にかけて各地に渡来し、昼は湾・湖沼の水上で眠り、夜、水田や沼沢で水草や小動物を食べる。アヒルの原種。雄をあおくびという。《季・冬》
※万葉(8C後)一四・三五二四「まを薦の節の間近くて逢はなへば沖つ麻可母(マカモ)の嘆きそ吾がする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真鴨の関連情報