小鴨(読み)コガモ

デジタル大辞泉の解説

こ‐がも【小×鴨】

カモ科の鳥。全長約38センチ、日本のカモ類では最小。雄は背が灰色がかった色で、顔は茶色、目の後方が緑色。雌は全体に淡褐色冬鳥として各地の池沼に渡来するが、北日本では繁殖するものもある。たかぶがも。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こがも【小鴨】

カモ目カモ科の水鳥。全長38センチメートルほどで、カモ類では最も小形。雄は頭部が栗色で、背面は灰色、翼は黒褐色で鮮緑色の帯がある。雌は全体が褐色。日本には冬鳥として渡来。北海道・上高地などで繁殖するものもある。肉は美味。たかぶ。たかべ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐がも【小鴨】

〘名〙 カモ科の水鳥。全長三五~四〇センチメートル。雄は頭、くびが栗色で、目から後頭にかけて白いふちのある緑色帯がある。背面と脇は黒白の細線があり、腹面は白く胸に黒点がある。雌は地味で全体に暗褐色。雄も夏には雌と同様になる。重要な猟鳥で肉は美味。九~一〇月頃各地の水辺に渡来。北海道と本州北部の山地では夏も少数残留し繁殖する。たかぶたかべ。《季・冬》 〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浮世草子・西鶴織留(1694)一「小鴨(コカモ)の汁に鰤の焼物にて振舞」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小鴨の関連情報