コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小鴨 コガモ

デジタル大辞泉の解説

こ‐がも【小×鴨】

カモ科の鳥。全長約38センチ、日本のカモ類では最小。雄は背が灰色がかった色で、顔は茶色、目の後方が緑色。雌は全体に淡褐色冬鳥として各地の池沼に渡来するが、北日本では繁殖するものもある。たかぶがも。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こがも【小鴨】

カモ目カモ科の水鳥。全長38センチメートルほどで、カモ類では最も小形。雄は頭部が栗色で、背面は灰色、翼は黒褐色で鮮緑色の帯がある。雌は全体が褐色。日本には冬鳥として渡来。北海道・上高地などで繁殖するものもある。肉は美味。たかぶ。たかべ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

小鴨 (コガモ)

学名:Anas crecca
動物。ガンカモ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

小鴨の関連キーワード大御堂廃寺跡鳥取県倉吉市倉吉[市]中井太一郎関金〈町〉倉吉(市)関金[町]南条元清関金温泉東 善作倉吉平野たかべ倉吉市黒褐色上高地伯耆国天神川忍誓栗色水鳥

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小鴨の関連情報