コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辰蔵(1) たつぞう

1件 の用語解説(辰蔵(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辰蔵(1) たつぞう

?-1827 江戸時代後期の研ぎ師。
近江(おうみ)(滋賀県)膳所(ぜぜ)で研ぎ職人となる。文政6年膳所藩士平井市郎次をきり殺して逃亡したが,10年閏(うるう)6月12日市郎次の弟の外記(げき)と九市に郷里讃岐(さぬき)(香川県)で討たれた。のち歌舞伎や戯曲に「研辰物(とぎたつもの)」として脚色された。研屋辰蔵ともいう。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

辰蔵(1)の関連キーワードカニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング伊藤解析河井継之助(かわい・つぎのすけ)県の周産期救急医療システム小栗上野介忠順(ただまさ)薬の調剤ミス

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone