近松寺(読み)こんしょうじ

世界大百科事典 第2版の解説

こんしょうじ【近松寺】

大津市にある天台宗寺門派の寺院。〈きんしょうじ〉ともよぶ。高観音(たかかんのん)と俗称され,千体仏で有名。もと園城寺(おんじようじ)五別所の一つ。天台密教の大成者安然(あんねん)がこの地に修行したのに始まると伝える。中世には園城寺に属し,園城寺の散所と推定される関寺在地などを支配した。1689年(元禄2)ころより,園城寺鎮守となった関蟬丸神社を管理するようになった。関蟬丸神社は音曲芸道の祖神とあがめられる蟬丸祭神とし,諸国の説教者(歌舞音曲などを行う雑芸人)を組織していたが,この説教者たちは園城寺の権威を背景に諸国巡業を行った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の近松寺の言及

【近松寺】より

…大津市にある天台宗寺門派の寺院。〈きんしょうじ〉ともよぶ。高観音(たかかんのん)と俗称され,千体仏で有名。もと園城寺(おんじようじ)五別所の一つ。天台密教の大成者安然(あんねん)がこの地に修行したのに始まると伝える。中世には園城寺に属し,園城寺の散所と推定される関寺在地などを支配した。1689年(元禄2)ころより,園城寺鎮守となった関蟬丸神社を管理するようになった。関蟬丸神社は音曲芸道の祖神とあがめられる蟬丸を祭神とし,諸国の説教者(歌舞音曲などを行う雑芸人)を組織していたが,この説教者たちは園城寺の権威を背景に諸国巡業を行った。…

※「近松寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android