近藤啓太郎(読み)コンドウケイタロウ

  • こんどうけいたろう〔ケイタラウ〕
  • 近藤啓太郎 こんどう-けいたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1920-2002 昭和後期-平成時代の小説家。
大正9年3月25日生まれ。戦後千葉県鴨川町にすみ,中学図工教師をつとめる。「文学者」にくわわり,昭和31年「海人舟(あまぶね)」で芥川賞。吉行淳之,安岡章太郎らとともに「第三の新人」にかぞえられた。美術評論も手がけ,63年随筆「奥村土牛」で読売文学賞。平成14年2月1日死去。81歳。三重県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品はほかに「海」「微笑」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android