コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷える ヒエル

デジタル大辞泉の解説

ひ・える【冷える】

[動ア下一][文]ひ・ゆ[ヤ下二]
温度が下がってあたたかさが失われる。つめたくなる。また、気温がひどく下がる。つめたく、または寒く感じる。「腰が―・える」「―・えたビール」「朝晩は―・える」 秋》
あるものに対する熱意・興味などがなくなってしまう。また、うまくいっていた関係がわるくなる。不況になることにも言う。「仲が―・える」「両国の関係が―・える」「消費が―・える」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひえる【冷える】

( 動下一 ) [文] ヤ下二 ひ・ゆ
物の温度が下がって冷たくなる。また、そのように感じる。普通は常温よりも冷たくなる場合にいうが、高温から常温にまで下がる場合にもいう。 「よく-・えたビール」 「朝晩はかなり-・える」 「足が-・えて眠れない」 「溶岩が-・えて固まる」 「(死期ガ近ク)むげに-・え果てさせ給ひぬれば/狭衣 2
物事に対する熱意や、男女間の愛情・二者間の友好関係などがなくなる。 「二人の仲が-・える」 「両国の関係は-・えてしまっている」 〔「冷やす」に対する自動詞〕
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

冷えるの関連情報