コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造立 ゾウリツ

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐りつ〔ザウ‐〕【造立】

ぞうりゅう(造立)」の慣用読み

ぞう‐りゅう〔ザウリフ〕【造立】

[名](スル)《慣用読みで「ぞうりつ」とも》建物をたてること。また特に、寺院・仏塔・仏像などをつくること。建立。
「劇場の属(たぐい)まで漸々に―して」〈条野有人・近世紀聞〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞうりゅう【造立】

( 名 ) スル
建物をたてること。特に、寺院・仏塔・仏像などを建立すること。ぞうりつ。 「堂舎・塔婆を-したまふ/曽我 2

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

造立の関連キーワード平等院鳳凰堂無着・世親像宇太水分神社鎌倉の大仏大笹原神社日光・月光北野天満宮玄海(1)国中公麻呂山口大口費神魂神社聖武天皇蘇我馬子神仏習合苗村神社金剛輪寺海住山寺大谷別院胎内文書縁起絵巻

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

造立の関連情報