造立(読み)ゾウリツ

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐りつ〔ザウ‐〕【造立】

ぞうりゅう(造立)」の慣用読み

ぞう‐りゅう〔ザウリフ〕【造立】

[名](スル)《慣用読みで「ぞうりつ」とも》建物をたてること。また特に、寺院・仏塔・仏像などをつくること。建立。
「劇場の属(たぐい)まで漸々に―して」〈条野有人・近世紀聞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞうりゅう【造立】

( 名 ) スル
建物をたてること。特に、寺院・仏塔・仏像などを建立すること。ぞうりつ。 「堂舎・塔婆を-したまふ/曽我 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞう‐りつ ザウ‥【造立】

〘名〙 物を造り立てること。建物をつくること。建造。ぞうりゅう。
※文明開化(1873‐74)〈加藤祐一〉二「造立(ゾウリツ)するものの功業を全うしたい」 〔南史‐竟陵王誕〕

ぞう‐りゅう ザウリフ【造立】

〘名〙 (「りゅう」は「立」の正音、「りつ」は慣用音) 建物などをたてること。特に、寺院、塔、仏像などをつくること。ぞうりつ。
※霊異記(810‐824)上「諸神祇の為に伽藍を造立せむ」
※太平記(14C後)一五「園城寺の三摩耶戒造立(ザウリウ)の勑許をぞ申し賜りける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

造立の関連情報