コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たり タリ

6件 の用語解説(たりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たり[助動]

[助動][たら|たり|たり|たる|たれ|たれ]《完了の助動詞「つ」の連用形に動詞「あり」の付いた「てあり」の音変化》ラ変以外の動詞、および動詞型活用の助動詞の連用形に付く。
動作・作用の継続・進行を表す。…ている。…てある。
「おもしろく咲きたる桜を長く折りて」〈・四〉
動作・作用が完了し、その結果が状態として存在する意を表す。…た。…ている。…てある。
「くらもちの皇子(みこ)おはしたり、と告ぐ」〈竹取
動作・作用が完了する意を表す。…た。…てしまう。
「春風に一もみ二もみもまれて、海へさっとぞ散ったりける」〈平家・一一〉
[補説]中世以降は、他の完了の助動詞「つ」「ぬ」「り」および過去の助動詞「き」「けり」などの用法をしだいに吸収し、「たる」を経て現代語の「た」に引き継がれる。→

たり[助動]

[助動][たら|たり・と|たり|たる|たれ|たれ]《格助詞「と」に動詞「あり」の付いた「とあり」の音変化》体言に付く。事物の状態や性質などを強く断定する意を表す。…である。…だ。→たるなり
「けふは人のうへたりといへども、あすは我が身のうへたるべし」〈平治・下〉
[補説]断定の「たり」は平安時代以後の漢文訓読文和漢混交文に用いられた。

たり[接助]

[接助]《文語の完了の助動詞「たり」から》用言、一部の助動詞の連用形に付く。ガ・ナ・バ・マ行の五段活用動詞に付く場合は「だり」となる。

㋐動作や状態を並列して述べる。「泣いたり笑ったりする」「とんだり跳ねたりする」
㋑反対の意味の語を二つ並べて、その動作・状態が交互に行われることを表す。「暑かったり寒かったりの異常な陽気」「足を上げたり下げたりする運動」
(副助詞的に用いられ)同種の事柄の中からある動作・状態を例示して、他の場合を類推させる意を表す。「車にひかれたりしたらたいへんだ」
(終助詞的に用いられ)軽い命令の意を表す。「早く行ったり、行ったり
[補説]「たり」は中世以降、文語的な「…ぬ…ぬ」に対し口語として動詞の連用形だけに付く形で用いられた。1は、並立助詞として扱われる場合もあるが、近世後期からはあとのほうを省略して「…たり…」の形をとる場合もみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たり

( 助動 ) ( たら ・たり ・たり ・たる ・たれ ・たれ )
〔完了の助動詞「つ」の連用形「て」に動詞「あり」の付いた「てあり」の転〕
現代語の完了の助動詞「た」の古語形。動詞および動詞型活用の助動詞の連用形(ならびに音便の形)に接続する。
動作・作用がすでに終わって、その結果が存続していることを表す。…た。…ている。 「我はもや安見児得たり皆人の得かてにすといふ安見児得たり/万葉集 95」 「おもしろく咲きたる桜を、長く折りて、大きなる瓶にさしたるこそをかしけれ/枕草子 4
動作・作用が引き続いて行われている意を表す。…ている。…てある。 「ひさかたの月は照りたりいとまなく海人あまの漁いざりは灯ともし合へり見ゆ/万葉集 3672
動作・作用が完了したことを表す。…た。…てしまう。 「門をたたきて、くらもちの皇子おはしたりと告ぐ/竹取」 「飼ひける犬の、暗けれど、主を知りて飛びつきたりけるとぞ/徒然 89

たり

( 助動 ) ( たら ・たり(と) ・たり ・たる ・たれ ・ (たれ) )
〔格助詞「と」に動詞「あり」の付いた「とあり」の転〕
古語の断定の助動詞。体言に接続する。物事の資格・存在・状態などを強く指定する意を表す。…である。…だ。…なのだ。 「況んや智恵高貴にして三千の貫首たり。今は徳行おもうして一山の和尚たり/平家 2」 「内裏の御代たらんには関白まづおはするをさしおき/保元 」 「神明の御計らひして八道の謀叛の心も和らぎ/盛衰記 13」 〔 (1) 中古の和文にはまだほとんど見られないが、中世から盛んになり、主として漢文訓読文や和漢混交文に多く見られた。 (2) 命令形「たれ」は、古文ではほとんど用いられず、近代の文語文で時に用いられるにすぎない〕

たり

( 並立助 )
〔完了の助動詞「たり」の終止形「たり」から。中世末期以降の語〕
活用語の連用形に接続する。ガ・ナ・バ・マ行五(四)段活用の動詞に付く場合には「だり」となる。
並行する、あるいは継起する同類の動作や状態を並べあげるのに用いる。普通、「…たり…たり」のように、「たり」を二つ重ねて用いる(時に、末尾の「たり」のあとに「など」を添えていうこともある)。 「人が出-入っ-している」 「本を読ん-(だり)手紙を書い-するひまもない」 「大きかっ-小さかっ-などして、なかなかからだに合うのがない」
(副助詞的用法)一つの動作や状態を例としてあげ、他に同類の事柄がなおあることを暗示する。 「あの子は、親にたてつい-して、ほんとうに困ったものだ」 「わたしが人をだまし-などするものですか」
(終助詞的用法)同じ動作を「…たり…たり」と繰り返してあげ、命令や勧誘の意を表す。 「さあ、早く起き-起き-」 「そこに居てはじゃまだ。どい-どい-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たりの関連キーワード敢へなむたんなりたんめりてき垂んとすにきにけりにたりたらむたりけり

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

たりの関連情報