コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊星歯車装置 ゆうせいはぐるまそうちplanetary gear

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遊星歯車装置
ゆうせいはぐるまそうち
planetary gear

噛み合っている1組の歯車において,2つの歯車がそれぞれ回転すると同時に,一方の歯車が他方の歯車軸を中心にして公転するようになっている歯車装置をいう。公転する歯車を遊星歯車 planet gear,中心の歯車を太陽歯車 sun gearと呼ぶ。この装置を利用すると,同じ変速条件では小型軽量化がはかられ,入力軸と出力軸を一直線にできる特長をもつ。したがって,各種機械の増速および減速装置,その他に広く用いられる。 (→差動歯車装置 , 不思議歯車機構 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

遊星歯車装置【ゆうせいはぐるまそうち】

プラネタリーギヤとも。固定中心のまわりを回転するか,または固定された歯車(太陽歯車)と,そのまわりを公転する中心上で回転する歯車(遊星歯車)とからなる歯車列。外歯車を使うもののほか,内歯車やかさ歯車を用いるものなど種々あり,高速回転の減速装置などに利用される。
→関連項目減速装置

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうせいはぐるまそうち【遊星歯車装置 epicyclic gear】

プラネタリーギヤともいう。固定中心のまわりに回転するか,あるいは固定された歯車(これらを太陽歯車という)と,そのまわりを公転する中心上で回転する歯車(遊星歯車)からなる歯車列。おもに高速回転の減速装置として用いられる。図に示した例は内部の中心部にとりつけられている歯車,中間に入っている数個の歯車(図では3個)および外側を囲んでいる外環よりなり,中心部にある歯車が太陽歯車,中間に挿入されている数個の歯車が遊星歯車である(遊星歯車の個数は4個,5個の場合もある)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうせいはぐるまそうち【遊星歯車装置】

二種の歯車をかみ合わせ、おのおのの軸をつないで、一つの歯車のまわりを他がかみ合いながら回るようにした歯車装置。かみ合いながら回る歯車を遊星歯車、中心になる方を太陽歯車という。自動車の差動歯車装置などに用いられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遊星歯車装置
ゆうせいはぐるまそうち

太陽歯車を中心として、複数の遊星歯車が自転しながら、公転する機構により、減速ならびに増速する装置。装置は、太陽歯車sun gear、遊星歯車planetary gearのほかに、遊星歯車の公転運動の出力軸となる遊星キャリアpalanetary carrierと内歯車outer gearから構成されている。太陽歯車、遊星キャリア、内歯車の内、一つを固定し、一つを入力軸に、一つを出力軸にする。どの要素を入・出力、固定にするかにより、一つの装置で、複数の速比や回転方向の切替えが可能である()。
 特徴としては、少ない段数で、大きな減速比が得られ、コンパクトな変速装置を実現できること、大きなトルクが伝達できること、入力軸と出力軸を同軸上に配置できること、複数の遊星歯車に負荷を分散できるので、摩耗や欠損が起こりにくいことなどがあげられる。
 応用例としては、乗用車のトルクコンバータ式の自動変速装置の補助変速装置や、ハイブリッドエンジンで、エンジン動力を車輪と発電機に分配するのに用いられている。このほか、自転車の後輪のハブ内部に組み込まれる内装形変速装置、風力発電用風車の減速機、各種産業機械の減速機など、広範な分野で活躍している。[清水伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

遊星歯車装置の関連キーワードプラネタリーギヤオートメーション自動変速装置機械要素機構学ワット

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遊星歯車装置の関連情報