コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運城 うんじょう Yùn chéng

2件 の用語解説(運城の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うんじょう【運城 Yùn chéng】

中国,山西省南西部の市(県級市)で運城地区の中心地。人口52万(1994)。中条山脈北側にあり,同蒲鉄道(大同~孟塬)に沿う。1958年安邑,解虞両県を合併して運城県が設置され,83年市制施行。安邑は隋代に南安邑県を改めて設け,県治は運城北東の安邑城にあり,虞州,安邑郡の治所となったこともある。1915‐18年県治を運城に移したこともあり,その後再び旧治にもどったが,55年からは運城が県治であり,運域地区公署の所在地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

運城
うんじょう / ユンチョン

中国、山西(さんせい/シャンシー)省南西部の市。運城地区の中心。黄河(こうが/ホワンホー)の支流である(そくすい)河のつくる河谷平野にあり、綿花や小麦の産地である。南の中条山を越えれば、黄河の三門峡(さんもんきょう/サンメンシヤ)である。山西省中央部と陝西(せんせい/シャンシー)省の関中を結ぶ交通路の要衝で、同蒲(どうほ)鉄道が通る。市の南にある解池(かいち)は、古くから河東塩池とよばれる内陸塩の産地として著名で、産出される塩は解州塩、河東塩などとよばれ、古代から社会・経済史上で果たした役割はきわめて重要であった。解池から黄河へは早くから運河(姚暹渠(ようせんきょ)、永豊渠)も掘られている。[秋山元秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

運城の関連キーワード河東仰韶文化山西省太行山脈中原漢中山西清涼山長治博愛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

運城の関連情報