コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道具幕 どうぐまく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道具幕
どうぐまく

歌舞伎大道具の用語。浪山幕,霞幕や町家,野原,街道の遠見幕,網代 (あじろ) 塀を描いた網代幕など,演出上必要な背景としての幕の総称。いずれも本舞台を見せる前段として,舞台転換の効果を上げるために用いられた。よりシンボリックに扱われるものに,浅黄幕,黒幕がある。浅黄は昼,黒は闇の空間を意味する。日覆からつるした「振り竹」という竹竿から垂らした幕を「切って落す」「振り落す」場合と,逆にその場面をおおい隠すために,あらかじめ「振り竹」に幕を巻きつけておいて「振りかぶせる」場合とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どうぐ‐まく〔ダウグ‐〕【道具幕】

歌舞伎の大道具で、引き幕の内側につり、開幕直後や舞台転換のつなぎなどに用いる幕。山・波などが描かれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうぐまく【道具幕】

歌舞伎で、浪・山・街道・網代あじろ塀などをかいた幕。舞台転換のつなぎのためのもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の道具幕の言及

【歌舞伎】より

…美濃(みの)紙,絵絹などを使う。 道具幕(どうぐまく)大道具。舞台前面に吊り下げる幕で,山,浪,網代(あじろ)塀,野原などの絵をかいたもの。…

【幕】より

… また歌舞伎では,大道具が生まれる以前から,さまざまな世界(抽象空間)を示すための背景の幕が使われていた。闇夜であることを示す〈黒幕〉をはじめ,〈浪幕〉〈山幕〉〈網代(あじろ)幕〉などの各種の道具幕,また〈浅葱(あさぎ)幕〉などがそれである。さらには,歌舞伎興行のシンボルとしての〈櫓(やぐら)幕()〉の存在も興味深いし,初期の歌舞伎では入口の鼠(ねずみ)木戸(入口が小さく,しきいが高く,人が鼠のようにして出入りするのでこの名でよばれた)のところに幕がかかげられ,入場者の側もいわばこの幕をくぐることにより,はじめて芸能の場に参加する〈資格〉が与えられるのであった。…

※「道具幕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

道具幕の関連キーワード振り落とし・振り落し落とし幕・落し幕切って落とす振落し波幕雪幕

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android