コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本幕 ホンマク

デジタル大辞泉の解説

ほん‐まく【本幕】

狂言で、揚げ幕を2本のさおで上までいっぱいに、内側へはね上げること。シテワキなどの出入りに用いる。→片幕半幕
歌舞伎の幕で、中央で二つに割って左右へ開ける引き幕。上方の大芝居に限って用いられた。→片幕
歌舞伎で、幕の開閉の方式の一。拍子木を最初緩やかに打ちはじめ、しだいに早めに刻んで幕を引ききったところで一つ打つ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんまく【本幕】

能または狂言で、役者の舞台への出入りに際して、二人の後見が揚げ幕を完全に上まで揚げること。 → 半幕片幕
家紋をつけた幕。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の本幕の言及

【柝】より

…せりふや動作の止りでまず柝頭(きがしら)を入れ,気分の持続を見はからいながら,静かに刻み幕にしていく。閉幕時の刻み方にも,ゆっくりと打ち始めしだいに早く刻む〈本幕(ダラ幕)〉と,小さく刻んでしだいに音を高くしテンポをゆるめて刻む〈拍子幕〉とに使い分けられている。また芝居の続行中,チョチョンの軽い二丁をきっかけに,床(義太夫節)の御簾(みす)が上がり,または清元,常磐津連中の囲い(霞幕)がはずされ,演奏が始まる。…

※「本幕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

本幕の関連情報