下準備(読み)したじゅんび

精選版 日本国語大辞典 「下準備」の意味・読み・例文・類語

した‐じゅんび【下準備】

〘名〙 物事を正式に行なう前にその事がうまく行くようにあらかじめしておく準備下拵(ごしら)え。
※欧米印象記(1910)〈中村春雨〉伯林雑記「第二戦争予期して軍用資金の下準備(シタジュンビ)であらう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「下準備」の意味・読み・例文・類語

した‐じゅんび【下準備】

本格的に物事を行う前に、あらかじめしておく準備。「講義の下準備
[類語]下ごしらえ用意支度したく準備備え設け手配手配り手回し手筈てはず手当て段取りぜん立て道具立て態勢整備備える前前かねてかねがね何時か既往これまで従来従前来し方先年当年一時一頃その節先に当時古来あらかじめ年来旧来在来その昔前以て先立ってかつてすでに見越し先刻早め根回し早手回し手を回す地固めなら布石事前先手下見予習伏線つとにとうにとっく示し合わせる言い合わせる申し合わせる打ち合わせる口裏を合わせる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android