コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道阿弥(1) どうあみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道阿弥(1) どうあみ

?-1413 南北朝-室町時代の能役者。
田楽(でんがく)能の一忠の弟子。近江(おうみ)猿楽の日吉(ひえ)(比叡)座に属す。応安6=文中2年(1373)以前から活動。足利義満の愛顧をうけ,応永15年北山第での後小松天皇の天覧能で主役をつとめる。世阿弥(ぜあみ)におおきな影響をあたえた。応永20年5月9日死去。通称は犬王(いぬおう)。法名ははじめ犬阿弥。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

道阿弥(1)の関連キーワード室町時代能役者南北朝

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android