コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道阿弥(1) どうあみ

1件 の用語解説(道阿弥(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道阿弥(1) どうあみ

?-1413 南北朝-室町時代の能役者。
田楽(でんがく)能の一忠の弟子。近江(おうみ)猿楽の日吉(ひえ)(比叡)座に属す。応安6=文中2年(1373)以前から活動。足利義満の愛顧をうけ,応永15年北山第での後小松天皇の天覧能で主役をつとめる。世阿弥(ぜあみ)におおきな影響をあたえた。応永20年5月9日死去。通称は犬王(いぬおう)。法名ははじめ犬阿弥。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

道阿弥(1)の関連キーワード夜叉越渓秀格大蔵政信金春勝国金春豊氏増珍武田信春槌太夫宝生宗阿弥遊佐国長

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone