コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠藤隆吉 えんどう りゅうきち

3件 の用語解説(遠藤隆吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠藤隆吉 えんどう-りゅうきち

1874-1946 明治-昭和時代前期の社会学者。
明治7年10月生まれ。東洋大,早大の教授をつとめる。昭和3年巣鴨高商(現千葉商大)を創立。日本社会学研究所を主宰した。昭和21年2月5日死去。73歳。群馬県出身。東京帝大卒。著作に「現今之社会学」「社会学原論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

えんどうりゅうきち【遠藤隆吉】

1874~1946) 教育家。群馬県生まれ。東大卒。1910年(明治43)巣園学舎(現千葉商大)を創立。「硬教育」「読書法」をはじめ、多くの哲学書・教育書を著した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遠藤隆吉
えんどうりゅうきち
(1874―1946)

社会学者。群馬県生まれ。1899年(明治32)東京帝国大学文科大学卒業。東洋大学早稲田(わせだ)大学の教授を務め、のちに巣鴨(すがも)高等商業学校(現在の千葉商科大学)を設立するかたわら日本社会学研究所を主宰した。初めは社会有機体説の立場にたっていたが、のちにギディングスの学説の影響を受けて、心理学的社会学を展開した。集合意識説から意志結合説、さらに社会力説という形で、自分の心理学的社会学の主張を展開し、京都帝国大学にあった米田庄太郎(よねだしょうたろう)に接近、当時支配的であった建部遯吾(たけべとんご)らの社会有機体説と対立するに至った。
 著書には『現今之社会学』(1901)、『近世社会学』(1907)、『社会力』(1916)、『社会学原論』(1923)などがある。[河村 望]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の遠藤隆吉の言及

【教育社会学】より

…1923年アメリカでは〈全国教育社会学会〉が設立され,さらに27年からは《教育社会学雑誌》が発刊されるに至った。日本では,大正初期に建部遯吾,遠藤隆吉らの社会学者が教育に対する関心を示し,さらに田制佐重,市川一郎らによってアメリカ教育社会学の概説書の邦訳,紹介がなされた。大正・昭和を通じて戦前期には,ドイツ,フランスなどの教育社会学の動向が紹介されたが,本格的な教育社会学の研究が開始されたのは第2次大戦後のことである。…

※「遠藤隆吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

遠藤隆吉の関連キーワード大谷登河野秀男田中譲頼母木駒子土屋岩保十時弥能村磐夫堀覚太郎水木友次郎三代芳松

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone