コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建部遯吾 たけべとんご

5件 の用語解説(建部遯吾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建部遯吾
たけべとんご

[生]明治4(1871).3.21. 新潟
[没]1945.2.18. 東京
社会学者。 1896年帝国大学 (現東京大学) 卒業。フランスに留学後,98年に帝国大学社会学教授。 1903年社会学研究室を創設,14~22年『日本社会学院年報』を主宰し,日本社会学界を指導した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たけべ‐とんご【建部遯吾】

[1871~1945]社会学者。新潟の生まれ。東大社会学講座の初代担当教授。コントの社会学理論を基礎として、社会学を体系化。貴族院議員。著「理論普通社会学」「応用社会学十講」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

建部遯吾 たけべ-とんご

1871-1945 明治-昭和時代前期の社会学者,政治家。
明治4年3月21日生まれ。34年母校東京帝大の教授となる。独自の社会学体系を樹立し,日本社会学院(のちの日本社会学会)を設立。桂太郎首相に対露強硬論を提出した七博士のひとり。大正11年衆議院議員(当選2回,民政党)。昭和20年2月18日死去。75歳。越後(えちご)(新潟県)出身。号は水城。著作に「理論普通社会学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

たけべとんご【建部遯吾】

1871~1945) 社会学者。新潟県生まれ。コントの影響のもとに独自の社会学体系を樹立。東大社会学初代教授。退職後貴族院議員。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建部遯吾
たけべとんご
(1871―1945)

社会学者。明治4年3月21日新潟県生まれ。1896年(明治29)東京帝国大学文科大学哲学科を卒業。ヨーロッパ留学後、1898年より1922年(大正11)退職するまで、同大学社会学講座の初代教授を務めた。退職後は衆議院議員、貴族院議員として政界で活躍した。コントの影響を強く受け、その有機体的社会観を自己の儒教的世界観に合体させ、独自の日本的社会学体系を樹立し、家族国家観の一端を担った。社会を「衆人の協同生活の有機的渾一(こんいつ)体」であるとし、また「国の社会的単位は、家にして個人にあらず」として、個人主義、民主主義の立場に反対した。また、日露戦争の開戦論を唱えたいわゆる七博士(しちはかせ)の行動に加わった対ロシア強硬論者でもあった。東京帝国大学に社会学研究室を開設し、また日本社会学院(日本社会学会の前身)を主宰し、「帝国教育の根本方針」を打ち出すなど、国家主義的社会学の樹立と発展に大きく寄与した。著書に『理論普通社会学』全4巻(1904~1918)、『戦争論』(1906)、『哲学大観』(1912)、『都会生活と村落生活』(1915)、『教政学』(1920)、『応用社会学十講』(1927)などがある。昭和20年2月18日死去。[河村 望]
『『理論普通社会学』全4巻(1904~1918・金港堂) ▽『教政学』(1921・同文舘出版) ▽『応用社会学十講』(1927・同文舘出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の建部遯吾の言及

【教育社会学】より

…1923年アメリカでは〈全国教育社会学会〉が設立され,さらに27年からは《教育社会学雑誌》が発刊されるに至った。日本では,大正初期に建部遯吾,遠藤隆吉らの社会学者が教育に対する関心を示し,さらに田制佐重,市川一郎らによってアメリカ教育社会学の概説書の邦訳,紹介がなされた。大正・昭和を通じて戦前期には,ドイツ,フランスなどの教育社会学の動向が紹介されたが,本格的な教育社会学の研究が開始されたのは第2次大戦後のことである。…

※「建部遯吾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

建部遯吾の関連キーワード河井荃廬井上はな内田徳郎大島徹水香川ミドリ竹腰正己中泉行徳中川久任福垣真応矢川ミキ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone