コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早池峰国定公園 はやちねこくていこうえん

5件 の用語解説(早池峰国定公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

早池峰国定公園
はやちねこくていこうえん

岩手県中部,早池峰山(1917m)を中心とする国定公園。西に中岳(1679m),鶏頭山(1445m),東に早池峰剣ヶ峰(1827m),高桧山(たかびやま。1167m),南に薬師岳(1645m)を含む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はやちね‐こくていこうえん〔‐コクテイコウヱン〕【早池峰国定公園】

岩手県中部、早池峰山を中心に中岳・鶏頭山や薬師岳などからなる山岳国定公園。植物が豊富。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はやちねこくていこうえん【早池峰国定公園】

岩手県中央部、早池峰山を中心とする山岳公園。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕早池峰国定公園(はやちねこくていこうえん)


岩手県中部にある国定公園。北上(きたかみ)高地の早池峰山・中(なか)岳・鶏頭(けいとう)山などからなる早池峰連峰を中心に、その南東の薬師(やくし)岳・小白森(こしろもり)などの薬師岳連峰を含む。面積5463ha。1982年(昭和57)指定。ヒバ・ブナなどの樹林のほかハヤチネウスユキソウなど特別天然記念物の高山植物群落で知られる。ツキノワグマ・カモシカなどの動物も多い。古くから山岳信仰の霊山で山頂には早池峰神社奥宮があり、麓(ふもと)では民俗芸能も伝わる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早池峰国定公園
はやちねこくていこうえん

岩手県北部、早池峰山を中心とする国定公園。1982年(昭和57)の指定。面積54.63平方キロメートル。早池峰山は北上(きたかみ)高地の最高峰で、西方の中岳(なかだけ)、鶏頭(けいとう)山、毛無森(けなしもり)、東方の早池峰剣ヶ峰(けんがみね)などと早池峰連峰を構成する。南部には東流する薬師川、西流する岳(たけ)川に侵食された谷を隔てて薬師岳、小白森(こしろもり)、白森山からなる薬師岳連峰が連なる。早池峰連峰は蛇紋岩からなるが、薬師岳連峰は花崗(かこう)岩からなり、なだらかな山容である。植物が豊富なことで知られ、早池峰高山植物帯は特別天然記念物に指定されている。ツキノワグマ、カモシカ、鳥類のカヤクグリ・ルリビタキなどが生息する。
 早池峰山南西部に発する岳川に笛貫(ふえぬき)の滝、七折(ななおり)の滝、南部に発する猿ヶ石川に又一(またいち)の滝がみられる。[金野一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早池峰国定公園の関連キーワード北上高野竜神国定公園ニューベリー火山国定公園ミスティフィヨルド国定公園高尾国定公園岩手県北上市飯豊岩手県北上市大堤北岩手県北上市北鬼柳岩手県北上市立花岩手県胆沢郡金ケ崎町永栄北上高梨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

早池峰国定公園の関連情報