遵義会議(読み)じゅんぎかいぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遵義会議
じゅんぎかいぎ

1935年1月長征の途中,貴州省遵義で開かれた中国共産党中央政治局拡大会議。この会議では陳紹禹秦邦憲らの指導する党中央の政策が批判され,最も緊急な軍事問題と中央書記処,中央革命軍事委員会の組織問題が決議された。軍事問題では,劣勢であるにもかかわらず戦争を根拠地の外で行おうとした冒険主義,陣地戦を重視して,ゲリラ戦を展開しなかったこと,さらに長征の意義や目標を明示せず,逃亡主義に陥ったことが批判された。組織問題では秦邦憲に代って,張聞天が中央書記処総書記に,軍事委員会では毛沢東が実質上の主席に,周恩来が主席代理となった。この会議以後,共産党指導部における毛沢東の指導権が確立し,紅軍は陝西省北部に到着して新しい根拠地を築くことができた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんぎかいぎ【遵義会議 Zūn yì huì yì】

中国共産党が長征の途上,貴州省遵義市で開催した中央委員会政治局拡大会議。1935年1月上旬から中旬にかけて約1週間続いた。会議では第3次極左路線(王明路線)の軍事的失敗が批判され,総書記秦邦憲を解任して張聞天を後任に選び,コミンテルン派遣の軍事顧問を指導から排除して毛沢東,周恩来,王稼祥の3人で構成する軍事指導小組を選出した。中国共産党における毛沢東路線確立の第一歩となった歴史的な会議である。【小野 信爾】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅんぎかいぎ【遵義会議】

1935年一月、長征途上の中国共産党が貴州省遵義で開いた拡大政治局会議。この会議で毛沢東は紅軍の軍事指揮権を掌握。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遵義会議
じゅんぎかいぎ

長征途上の紅軍が1935年1月、貴州(きしゅう/コイチョウ)省遵義(じゅんぎ/ツンイー)で開いた中国共産党中央政治局拡大会議。江西(こうせい/チヤンシー)省瑞金(ずいきん/ロイチン)に「首都」を置いた中華ソビエト政府と紅軍は、王明(陳紹禹(ちんしょうう/チェンシャオユー))の指導する極左路線のもとで、国民党による第五次包囲攻撃を支えきれず、根拠地を撤収して西北への長征に出たが、途中でも多くの損害を受けた。紅軍が遵義を一時占領したとき、ここで政治局拡大会議を開き、周恩来(しゅうおんらい/チョウエンライ)、朱徳(しゅとく/チュートー)らの強力な支持のもとに、従来の路線を批判し、毛沢東(もうたくとう/マオツォートン)の方針の正しさを確認、実質的に中国共産党における毛沢東の指導的地位が確立された。これ以後、抗日民族統一戦線結成の方針が打ち出されたばかりでなく、長征にも変幻きわまりない遊撃戦法が取り入れられて、長征を成功に導いた。この会議は中国革命史上における重要な転機とされ、その会議場の跡は現在記念館として保存されている。[安藤彦太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android