コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遵義 じゅんぎ

百科事典マイペディアの解説

遵義【じゅんぎ】

中国,貴州省北部の都市。川黔(せんけん)自動車道路に沿い,商業が盛んで,冶金,化学,食品,絹織物などの工業があり,付近では米,トウモロコシ,ナタネ,タバコを産する。
→関連項目貴州[省]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんぎ【遵義 Zūn yì】

中国,貴州省北部の市。同名地区の公署所在地。人口39万(1994)。冶金,機械工業の発達した貴州省第2の都市。漢代に(へい)県がおかれたが,遵義の名は唐代に恭水,羅蒙とともに県名に使われたことに始まる。1949年遵義県の市街部が独立して市に移行した。1935年,中国紅軍が長征の途上で一度遵義を解放,中国共産党中央委員会政治局拡大会議すなわち〈遵義会議〉を開き,〈左〉翼路線を修正,毛沢東の地位を確立したことは有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遵義
じゅんぎ / ツンイー

中国、貴州(きしゅう)省北部の地級市。揚子江(ようすこう)支流烏江(うこう)水系の湘江(しょうこう)上流域、貴陽(きよう)の北約130キロメートルに位置する。人口800万4600(2015)。新蒲(しんぽ)新区を除く、3市轄区、7県、2自治県を管轄し、2県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。川黔(せんけん)線(重慶(じゅうけい)―貴陽)沿線の交通要地で、貴州省北部の中心都市である。新中国成立後、県城地区を分離して市を設置した。1935年、長征途中の中国共産党の政治局拡大会議(遵義会議)がこの地で開かれ、毛沢東(もうたくとう)が主導権を確立し「北上抗日」が決定された。
 この地方の農林産物の集散地であるとともに、鉄鋼、冶金、機械および付近に産出する燐(りん)鉱石を原料とする化学肥料、この地方で盛んな柞蚕(さくさん)中心の養蚕を基礎とする紡織などの諸工業が発展している。また、高粱酒(カオリャンチウ)の名産地でもあるが、同市南西部の仁懐(じんかい)県級市には有名な茅台酒(マオタイチウ)の産地茅台(ぼうだい)がある。
 郊外には土司(どし)の軍事要塞であった海竜屯(かいりゅうとん)遺跡がある。2015年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「土司の遺跡群」の構成資産として、世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。[小野菊雄・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

遵義の関連キーワードロウシャン(婁山)関ツンイー(遵義)市トンツー(桐梓)県杉浦 重剛貴州(省)貴州[省]黒田梁洲ツンイー播州の役高橋作也黒田麹廬周恩来陳紹禹彭徳懐伍修権王願堅劉少奇蹇先艾鄧小平張聞天

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android