郡政所(読み)ぐんまんどころ

世界大百科事典 第2版の解説

ぐんまんどころ【郡政所】

郡の地頭が領内統治のために設けた役所。鎌倉時代,北条氏足利氏などの地頭・御家人は全国各地に所領をもち,その統治のため,領内に役所を設けた。いわゆる地頭政所である。地頭政所は荘園・郷・などとならんで,郡にも置かれることがあった。これをとくに郡政所とよぶ。北条氏所領では,陸奥国津軽平賀郡・田舎(いなか)郡・山辺郡,北条氏一門の金沢氏の所領では,伊予国久米郡などの事例が知られる。室町期の1459年(長禄3)のころ,高師長の知行となっていた三河国額田郡政所職も,鎌倉期以来のものと考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android