コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

部屋頭 ヘヤガシラ

デジタル大辞泉の解説

へや‐がしら【部屋頭】

各相撲部屋の中で、現役を引退して部屋に入り、後進の指導や世話をする者。若者頭。
江戸時代、諸大名の江戸屋敷に出入りする小者(こもの)人足などの長。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へやがしら【部屋頭】

江戸時代、諸侯の江戸屋敷に出入りする小者・人足などの首かしら
大相撲で、その部屋に所属する力士の中で番付が最高位の力士。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

部屋頭の関連キーワード江戸時代大乃国康会津小鉄江戸屋敷大相撲最高位力士後進雲助番付諸侯小者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

部屋頭の関連情報