コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝ヶ平山 かいがひらやま

2件 の用語解説(貝ヶ平山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貝ヶ平山
かいがひらやま

奈良県北部,宇陀市奈良市桜井市の境にある山。標高 822m。基盤は領家変成岩花崗岩質。頂上付近は室生火山岩からなる山群の一部で安山岩。山腹に新第三系中新統の砂岩層があり,海生貝化石を産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貝ヶ平山
かいがひらやま

奈良県北部の桜井市、宇陀(うだ)市榛原(はいばら)地区、奈良市都祁吐山(つげはやま)町の境界にある山。標高822メートル。大和(やまと)高原南部、一般に室生(むろう)火山群と称される山塊の北西端を占め、基盤岩類の上に新第三紀中新統に属する海成層が覆い、さらにその上に斜長流紋岩とよばれる火山岩がのっている。これは溶岩ではなく、噴出、堆積(たいせき)した高温の火山灰が溶結した凝灰岩である。頂上の展望はよく開け、中腹の海成層からサラガイ、イソシジミなど二枚貝の化石が出土する。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貝ヶ平山の関連キーワード鳥見山奈良県宇陀市大宇陀区春日奈良県宇陀市大宇陀区上奈良県宇陀市大宇陀区迫間奈良県宇陀市大宇陀区藤井奈良県宇陀市大宇陀区牧奈良県宇陀市大宇陀区守道奈良県桜井市桜井奈良県桜井市芝奈良県桜井市外山

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone