コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝ヶ平山 かいがひらやま

2件 の用語解説(貝ヶ平山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貝ヶ平山
かいがひらやま

奈良県北部,宇陀市奈良市桜井市の境にある山。標高 822m。基盤は領家変成岩花崗岩質。頂上付近は室生火山岩からなる山群の一部で安山岩。山腹に新第三系中新統の砂岩層があり,海生貝化石を産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貝ヶ平山
かいがひらやま

奈良県北部の桜井市、宇陀(うだ)市榛原(はいばら)地区、奈良市都祁吐山(つげはやま)町の境界にある山。標高822メートル。大和(やまと)高原南部、一般に室生(むろう)火山群と称される山塊の北西端を占め、基盤岩類の上に新第三紀中新統に属する海成層が覆い、さらにその上に斜長流紋岩とよばれる火山岩がのっている。これは溶岩ではなく、噴出、堆積(たいせき)した高温の火山灰が溶結した凝灰岩である。頂上の展望はよく開け、中腹の海成層からサラガイ、イソシジミなど二枚貝の化石が出土する。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone