コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井忠正 さかい ただまさ

美術人名辞典の解説

酒井忠正

政治家・伯爵。東京生。京大卒。貴院研究会所属。国粋主義的傾向から安岡正篤の金鷄学院を後援し、のち国民精神総動員運動にも関係する。阿部信行内閣農相として入閣し、戦時中は翼賛会総務・中央農業会長等を歴任。日本相撲協会会長・横綱審議会委員長等を務めた。昭和46年(1971)歿、79才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井忠正 さかい-ただまさ

1893-1971 大正-昭和時代前期の政治家。
明治26年6月10日生まれ。阿部正桓(まさたけ)の次男。酒井忠興(ただおき)の養子。貴族院で研究会に所属。帝国農会会長から,昭和14年阿部内閣の農相,19年貴族院副議長となる。戦後,中央競馬会理事長,横綱審議会委員長などをつとめた。昭和46年2月16日死去。77歳。東京出身。京都帝大卒。幼名は元彦。著作に「日本相撲史」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の酒井忠正の言及

【安岡正篤】より

…1921年ころから参加していた社会教育研究所,その後身の大学寮で当時のデモクラシー思潮に対抗して日本主義を主張する講義を行う。25年行地社を脱退し,青少年の精神教化運動を志して,酒井忠正らの援助により金鶏学院を創立(1927)。32年日本精神による政教の維新を唱えて国維会を結成,新官僚の本山と目された。…

※「酒井忠正」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

酒井忠正の関連キーワード相撲博物館の収蔵品太刀山峰右衛門金鶏学院国維会

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酒井忠正の関連情報