コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酢酸アルミニウム さくさんアルミニウムaluminum acetate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酢酸アルミニウム
さくさんアルミニウム
aluminum acetate

化学式 Al(CH3CO2)3アルミニウムエトキシドと酢酸とを反応させてつくる。正塩と塩基性塩とがある。白色,無定形の粉末で水に溶けやすく,防水布,医薬,捺染,死体の防腐・保存剤などに広く使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酢酸アルミニウム
さくさんあるみにうむ
aluminum acetate

酢酸とアルミニウムがつくる塩。正塩Al(CH3COO)3、分子量204.12のほかに、塩基性塩Al(OH)(CH3COO)2、分子量162(各種の結晶水をもつ)がある。普通、酢酸アルミニウムというと、塩基性酢酸アルミニウムをさすことが多い。市販のものは塩基性のもので、水和物も知られている。やや酢酸臭をもつ白色結晶状粉末。水に難溶。空気中では徐々に酢酸を失って分解する。媒染剤として用いられるほか、繊維の防水・耐水加工用に用いられる。医用としては、湿疹(しっしん)および潰瘍(かいよう)の乾燥剤、消毒剤として用いられたことがある。
 正塩は白色無定形粉末。200℃で分解する。水に易溶。湿った空気中では分解しやすい。[佐藤武雄・廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

酢酸アルミニウムの関連キーワードアニリンブラックアルミナ石鹸擬麻加工

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android