酢酸アルミニウム(読み)さくさんアルミニウム(英語表記)aluminum acetate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酢酸アルミニウム
さくさんアルミニウム
aluminum acetate

化学式 Al(CH3CO2)3アルミニウムエトキシドと酢酸とを反応させてつくる。正塩と塩基性塩とがある。白色,無定形の粉末で水に溶けやすく,防水布,医薬,捺染,死体の防腐・保存剤などに広く使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酢酸アルミニウム
さくさんあるみにうむ
aluminum acetate

酢酸とアルミニウムがつくる塩。正塩Al(CH3COO)3、分子量204.12のほかに、塩基性塩Al(OH)(CH3COO)2、分子量162(各種の結晶水をもつ)がある。普通、酢酸アルミニウムというと、塩基性酢酸アルミニウムをさすことが多い。市販のものは塩基性のもので、水和物も知られている。やや酢酸臭をもつ白色結晶状粉末。水に難溶。空気中では徐々に酢酸を失って分解する。媒染剤として用いられるほか、繊維の防水・耐水加工用に用いられる。医用としては、湿疹(しっしん)および潰瘍(かいよう)の乾燥剤、消毒剤として用いられたことがある。
 正塩は白色無定形粉末。200℃で分解する。水に易溶。湿った空気中では分解しやすい。[佐藤武雄・廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さくさん‐アルミニウム【酢酸アルミニウム】

〘名〙 (アルミニウムはaluminium) アルミニウムの酢酸塩。化学式 Al (CH3COO)3 白色無定形の粉末。〇・五、一、一・五、二、二・五水塩がある。水酸化アルミニウムを酢酸で溶かしてつくる。媒染剤として多量に用いられるほか、赤色レーキ原料、防水剤などとされる。また、水溶液は消毒剤などの医薬品、洗浄剤、防腐剤などに利用。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android