コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過塩素酸 かえんそさんperchloric acid

翻訳|perchloric acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過塩素酸
かえんそさん
perchloric acid

化学式 HClO4過塩素酸カリウム硫酸を作用させて製造する。無水の酸は無色,揮発性で,非常に吸湿性の強い液体比重 1.76 (22℃) 。大気圧下で蒸留すると分解し,ときに爆発することがある。融点-112℃。水と混ざると多量の熱を発生する。無水物は自然に分解,爆発するので,60~70%水溶液 (比重 1.5~1.6) として市販される。水溶液も腐食力が強く,有機物などに触れると爆発することがある。酸のうちで最も強い酸である。分析化学では酸化剤として,またカリウムとナトリウムの分離試薬として利用される。塩類爆薬として用いられる。皮膚,粘膜をおかし,危険である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

過塩素酸

 ClHO4 (mw100.46).HClO4.無色の液体で,強い酸化性を有する強酸湿式灰化などに用いるが爆発する危険性がある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かえんそさん【過塩素酸 perchloric acid】

化学式HClO4。発煙性で比較的粘性の低い無色,無臭の液体。融点は-112℃,沸点は55mmHgで39℃,1気圧では分解を伴うが,130℃程度と推定されている。比重1.76(22℃)。無水物の状態で得られる唯一の塩素のオキソ酸である。過塩素酸カリウムに濃硫酸を加えて減圧蒸留すると得られる。過塩素酸アンモニウムに硝酸と塩酸の混合物を作用させるか,過塩素酸カリウム水溶液にヘキサフルオロケイ酸H2[SiF6]を加え,生じたヘキサフルオロケイ酸カリウムをろ(濾)別すれば塩素酸水溶液が得られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過塩素酸
かえんそさん
perchloric acid

塩素のオキソ酸の一つ。過塩素酸塩に濃硫酸を加え減圧蒸留して水溶液が得られる。濃水溶液を多量の濃硫酸と加熱蒸留して100%のものが得られる。純粋なものは無色発煙性の液体。強い酸化力があり、不安定で、加熱により、または有機物が存在すると爆発する。
 水と激しく作用して一水和物HClO4H2O(融点50℃、沸点110℃)ほか各種の水和物をつくる。一水和物HClO4H2Oは実際には(H3O)+ClO4-のようなイオン結晶(融点50℃、沸点110℃)である。その水溶液はほとんど完全に電離し、塩素のオキソ酸中でもっとも強い酸である。希薄水溶液は安定で、塩素酸と異なり、亜鉛、ヨウ化水素、硫化水素、二酸化硫黄(いおう)によって還元されない。しかしチタン()イオンとは反応して塩化物に還元される。70%水溶液(比重1.678)、60%水溶液(比重1.533)、40%水溶液(比重1.204)が試薬として市販されている。[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

過塩素酸の関連キーワード過塩素酸アンモニウム(データノート)過塩素酸(データノート)次亜塩素酸カルシウム過塩素酸アンモニウム過塩素酸ナトリウムヨウ素酸(沃素酸)コンポジット推進剤硫化カドミウムオニウム化合物塩素酸カリウム過塩素酸塩爆薬トリクロロ酢酸リチウム電池ロケット燃料窒化ウラン過ヨウ素酸酸化ウラン次亜塩素酸過塩素酸鉄カーリット

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

過塩素酸の関連情報