コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里宮 さとみや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

里宮
さとみや

一つの神社であって2ヵ所以上に神殿のある場合,山上奥宮山宮に対して,ふもとの里にある宮をいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さと‐みや【里宮】

山上の奥宮に対し、山麓村里にある社殿遥拝(ようはい)所として参拝者の便宜のため設けられたという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さとみや【里宮】

山上にある山宮または奥宮に対して、村里にある宮のこと。参拝の便宜のために設けられた場合と、里宮が先に成立し、のち山上に宮を設けた場合とがある。 ↔ 山宮

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

里宮
さとみや

里にある宮、すなわち人里近くにある神社の意味で、奥宮、宮の対称。とくに同一神社で2か所に社殿がある場合、山上ないし山中のほうを奥宮または山宮とし、山麓(さんろく)や集落にあるほうを里宮という。一般に遙拝(ようはい)所の発展というが、神社の成立上、里宮が本来の祭場とみるべき場合が多い。[薗田 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の里宮の言及

【山開き】より

…山岳は,狩猟・焼畑耕作民の生活空間であったが,山麓で水稲農耕を営む住民にとっては,禁断不入の地とされていた。農耕民の場合,山岳を水分(みくまり)の霊地としてあがめることから,山神の分霊をまつる里宮ができ,山宮が成立し,神霊が里と山とを去来するという信仰が生まれてくる。後世に至り,修験者などが山岳修行の霊験を説くようになると,山に登ろうとしなかった麓の住民も,1年の限られた時期に山頂登拝を果たし,神霊や死霊との交流をするようになる。…

【山宮】より

…つまり山すそに遥拝所の社殿を建て,そこで年ごとの祭祀を執行してきた。これが里宮の成立である。大和三輪山の大神(おおみわ)神社,薩摩開聞岳の枚聞(ひらきき)神社などが,いずれも拝殿のみで本殿の構えをもたないのは,山頂を遥拝する里宮であったことを示している。…

※「里宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

里宮の関連キーワード日吉大社(ひえたいしゃ)長野県飯田市滝の沢鳥海山大物忌神社太平山三吉神社瀬之口伝九郎山宮浅間神社出羽三山神社佐々木君五郎日吉神社境内遠藤 速雄井上 芳子本間俊太郎立科[町]湯前(町)佐々木巴渓王滝[村]安斎桜磈子御岳昇仙峡佐々木徳夫三岳[村]

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

里宮の関連情報