コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里甲制 りこうせい Li-jia-zhi; Li-chia-chih

6件 の用語解説(里甲制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

里甲制
りこうせい
Li-jia-zhi; Li-chia-chih

中国,明および清初の郷村統治組織。洪武 14 (1381) 年賦役黄冊の作成と同時に設定された。田土所有者 110戸をもって1里を編成し,そのうち人丁や税負担額の多い富裕な戸 10戸を里長とし,残りの 100戸を甲首として 10戸ずつ 10甲に分けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りこう‐せい〔リカフ‐〕【里甲制】

中国、代から代初頭にかけて行われた地方村落の自治制度。1381年制定。110戸を1里とし、そのうち富裕な10戸を里長、残りの100戸を甲首戸として10戸ずつ10甲に分け、毎年輪番で1里長と10甲首の正役となり、租税徴収・治安維持などにあたった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

里甲制【りこうせい】

中国,明〜清初間に施行された賦役法とそれに伴う地方村落の行政組織。賦役法の運営円滑化を目的とし,1381年賦役黄冊(租税台帳と戸籍簿の機能を兼ねたもの)の作成と同時に制定。
→関連項目洪武帝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りこうせい【里甲制 Lǐ jiǎ zhì】

中国,明および清初の郷村組織。明朝は建国後まもなく戸帖の制によって人民の戸籍を定めていったが,また当時江南地方で行われていた小黄冊図の法,すなわちほぼ100戸を1単位とする村落組織などを利用して農村の組織化をすすめた。そしてこれらの制度を整備,画一化して1381年(洪武14)全国的に実施されたのが賦役黄冊の編造と里甲制の制定であった。この制度は徭役負担の義務をもつ110戸を基準として1里を編成し,丁糧の多い富裕戸10戸を里長戸,残りの100戸を甲首戸とし,これを10戸ずつ10甲に分けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りこうせい【里甲制】

中国、明代から清初まで行われた地方統治制度。民戸一一〇戸で一里を編成、そのうち有力な一〇戸を里長戸とし、残る一〇〇戸を一〇甲に分ける。毎年里長一人、甲首一〇人が出役、租税徴収・治安維持・賦役黄冊の編修などに当たった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

里甲制
りこうせい

中国、明(みん)・清(しん)時代に施行された農民支配の郷村組織(里は都市では坊、都市周辺では廂(しょう)とよばれた)。元(げん)末には各地に村落組織が存在したが、1381年全国一律に里甲制が施行された。地域的に隣接する土地所有者110戸ごとに一里を編成し、税役を負担しない戸は畸零(きれい)戸として里甲に付された。里内の富裕戸10戸を里長とし、残りの100戸を甲首戸として一甲10戸の10甲に分け、毎年一里長・10甲首を交替で里甲正役にあて、10年にして一周した。国家の税役はすべて里甲を単位として、里甲組織を通じて戸等に応じて割り当てられた。徭役(ようえき)には租税の徴収、治安の維持、人民の教化、国家や諸官庁の物品・費用の調達、賦役黄冊(ふえきこうさつ)の編造などの里甲正役のほか、各種官庁の行政・治安上の使役や駅伝その他からなる雑役とに分かれ、租税は両税法に基づき夏税・秋糧が徴収された。
 里甲制は、郷居地主の郷村における土地所有と、これに基づく共同体規制を掌握する地主権力を基盤として成立した。明中期以降、郷居地主は、郷紳地主の抑圧と佃戸(でんこ)の自立化による階級対立の激化によってしだいに没落し、里甲制機能も低下した。一方、15世紀以降税役の銀納化によって、税役は戸等によらず、直接人丁や田土に割り当てられるようになり、十段法や一条鞭法(いちじょうべんぽう)が成立した。この結果、税役は州・県を単位として割り当てられることとなり、里甲制の役割は著しく減少した。清初にも里甲制は形式的には存続したが、地丁銀の成立によって消滅した。[鶴見尚弘]
『鶴見尚弘著『明代における郷村支配』(『岩波講座 世界歴史12』所収・1971・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の里甲制の言及

【洪武帝】より

…とくに賦役黄冊は人民各戸の土地所有額,労働人口の変動などを記録したもので,以後10年ごとに改編され,明一代を通じて租税・力役課税の基本資料となった。これにもとづいて農民支配の末端組織として農村に編成されたのが里甲制である。土地所有農民110戸を基本単位(里)とし,この組織によって賦役黄冊を作らせ,租税の徴収,運搬や力役の徴発を行い,政治の浸透をはかった。…

【明】より

…官庁事務を実際に扱うのは,多数の胥吏(しより)であって,彼らは中央から任命される官僚とは,截然たる身分上の差があるが,下級の官僚にはその中から選抜された者が多かった。
[里甲制と税制]
 民政関係について述べるならば,まず人民は戸籍上,軍,民,匠,竈(そう)の4種に分けられているが,これは負担する徭役(ようえき)の違いによる分類である。すなわち,軍戸は兵役,民戸は一般行改の運営上必要な労働,匠戸は技術労働,竈戸は製塩労働を負担する者であった。…

※「里甲制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

里甲制の関連キーワード明朝体章美郷約市町村組合明朝町村組合リンパ組織福島県西白河郡西郷村鶴生王岱与《八月の郷村》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone