コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重日 ジュウニチ

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐にち〔ヂユウ‐〕【重日】

暦注の一。巳(み)の日と(い)の日。陽に陽が重なり、陰に陰が重なる日で、善事も悪事も重なるといい、忌み事にはこの日を避ける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうにち【重日】

古来,中国では3月3日,5月5日,7月7日,9月9日というように,月の数と日の数とを重ねた重日をたいせつな節供としてきた。この上巳(じようし),端午(たんご),七夕,重陽(ちようよう)に1月7日の人日(じんじつ)を加えて五節供と称することは,朝鮮,日本でも行われている。また五節供とは別に,暦注の一つとしての重日があり,これは中国の易学の影響を受けて成立した。八卦のうち,乾☰と坤☷は天と地にあたり,陰陽の本始,万物の祖宗とされ,巳は十二支のうち純の乾,亥は純の坤で,おのおの陰陽が重なることから,巳と亥を天地の本とし,巳の月にあたる4月巳の日,亥の月にあたる10月亥の日を重日と名付ける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうにち【重日】

暦注の一。陽が重なるという巳の日と、陰が重なるという亥の日をいう。凶事に用いることを忌み、また吉事でも婚姻などは避けた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

重日の関連キーワード皇極天皇斉明天皇皇御祖吉事凶事婚姻

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重日の関連情報