コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野上俊夫 のがみ としお

2件 の用語解説(野上俊夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野上俊夫 のがみ-としお

1882-1963 明治-昭和時代の心理学者。
明治15年5月2日生まれ。京都帝大教授,のち浪速大,京都女子大の教授。アメリカの青年心理学者スタンリー=ホールの影響をうけ,実際的な心理学をめざした。昭和38年5月24日死去。81歳。新潟県出身。東京帝大卒。著作に「実験心理学講義」(共著),「青年の心理と教育」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野上俊夫
のがみとしお
(1882―1963)

心理学者。新潟県佐渡の生まれ。1906年(明治39)東京帝国大学文科大学哲学科(心理学専修)卒業。同窓に日本保育学会初代会長となった教育者の倉橋惣三(そうぞう)(1882―1955)がいる。1906年松本亦太郎(またたろう)が京都帝国大学に心理学科を開設した当初からこれを助けて種々の講座を担当。講師を経て助教授となり、欧米に留学、ライプツィヒ大学ではW・ブントに師事し、アメリカに渡って帰国後、教授となり、のち文学部長となる。英独仏の語学に優れ、G・S・ホールの学風を受け、広く人間性の具体的事実について地道な研究を行い、成長期の日本心理学に貢献した。著書に共著『実験心理学講義』(1909)や『青年の心理と教育』(1936)などがある。[宇津木保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

野上俊夫の関連キーワード北九州(市)早稲田大学新聞小説朝鮮映画剥離面線構造舟木一夫津川雅彦ファイト先生池田勇人内閣冤罪

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone