コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉橋惣三 くらはしそうぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倉橋惣三
くらはしそうぞう

[生]1882.12.28. 静岡
[没]1955.4.21.
大正初期から第2次世界大戦後にかけて活躍した幼児教育の研究,実践家。東京大学哲学科で児童心理学を専攻し,1906年卒業。早くから幼児教育に関心をもち,長く東京女子高等師範学校教授,付属幼稚園の主事をつとめ,日本の幼児教育についての基礎的な理論を集大成するとともに,幼稚園における保育の実践に熱心な指導と啓蒙を行なった。特に彼の唱導した「自由保育」は,子供の自発性に基づく保育を意味し,幼児の心理的発達に応じた方法である。主著『日本幼稚園史』 (1934) ,幼稚園教育に対する主張を述べた『幼稚園真諦』 (53) ,自伝的著作『子供賛歌』 (54) など。『倉橋惣三著作集』 (10巻) も刊行されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くらはし‐そうぞう〔‐ソウザウ〕【倉橋惣三】

[1882~1955]教育者・教育学者。静岡の生まれ。東京女高師教授、付属幼稚園主事。児童心理学を研究し、自由遊びを重視した幼児教育をすすめた。雑誌「幼児の教育」などを編集。戦後、日本保育学会を創設、初代会長に就任

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉橋惣三 くらはし-そうぞう

1882-1955 大正-昭和時代の教育者。
明治15年12月28日生まれ。大正6年東京女高師(現お茶の水女子大)の教授となる。付属幼稚園主事をかね,自由遊びを重視した幼児教育をすすめる。「幼児の教育」「キンダーブック」などの編集にもかかわった。昭和23年日本保育学会初代会長。「倉橋惣三選集」がある。昭和30年4月21日死去。72歳。静岡県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くらはしそうぞう【倉橋惣三】

1882~1955) 教育者・教育学者。静岡県生まれ。東京帝大卒。幼稚園教育の改善に努め、自然主義保育論を指導。「コドモノクニ」「キンダーブック」など保育雑誌の監修も行なった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

倉橋惣三の関連キーワードコドモノクニ倉橋 惣三及川 ふみ野上俊夫昭和時代岡 政

倉橋惣三の関連情報