コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野口二郎 ノグチジロウ

2件 の用語解説(野口二郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のぐち‐じろう〔‐ジラウ〕【野口二郎】

[1920~2007]プロ野球選手。愛知の生まれ。昭和14年(1939)東京セネタースに入団。1年目から33勝をあげ、4年目には40勝を記録。延長28回を一人で投げ抜くなど「鉄腕」の異名をとった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野口二郎
のぐちじろう
(1920―2007)

プロ野球選手(投手:右投右打)。1月6日、愛知県生まれ。中京商(現、中京大学附属中京高)時代は、快刀乱麻のピッチング甲子園の観客をわかせた。1937年(昭和12)の夏に優勝、翌1938年春の選抜大会ではノーヒットノーランを含む4試合4完封の快投で優勝した。1939年に東京セネタースに入団、チームには兄の明(投手、のちに一塁手)も在籍していた。東京セネタースは、1940年に翼、1941年に大洋、1943年に西鉄と名称をかえたが(1943年までで球団消滅)、野口はこの球団で活躍した。まず1年目から33勝をあげると、翌1940年も33勝し、1941年には25勝をあげた。2年目と3年目はともに防御率0点台で、最優秀防御率のタイトルを手にした。1942年には40勝で最多勝利となり、奪三振王も獲得。この年の5月24日の名古屋金鯱(きんこ)戦では、相手先発の西沢道夫とともに延長28回をそれぞれ一人で投げ抜くという球史に残る熱投を繰り広げ、「鉄腕」とよばれるようになった。第二次世界大戦後は1946年に阪急ベアーズ(後の阪急ブレーブス、現オリックス・バファローズ)で復帰。プロ入り当初から投手だけでなく内野手、外野手としても活躍していたが、とくに同年は2割9分8厘の打率を残し、当時の日本記録である31試合連続安打を記録した。1952年を最後に引退。実働わずか12年間で5年連続を含む6回の20勝以上を記録、通算237勝は歴代11位タイ。[出村義和]
 実働12年間の投手としての通算成績は、登板試合517、投球回3447と3分の1、237勝139敗、防御率1.96、奪三振1395、完投259、完封65。獲得したおもなタイトルは、最多勝利1回、最優秀防御率2回、最多奪三振1回。打者としての通算成績は、出場試合1098、安打830、打率2割4分8厘、本塁打9、打点368。1989年(平成1)に野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]
『野口二郎著『私の昭和激動の日々――思い出の勝負、監督、選手たち』(1990・ベースボール・マガジン社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野口二郎の関連キーワード大下弘日本プロ野球選手会プロ野球選手会労組MVP苅田久徳河野安通志坪内道典浜崎真二若林忠志野口二郎(2)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野口二郎の関連情報