コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野崎武吉郎 のざき ぶきちろう

2件 の用語解説(野崎武吉郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野崎武吉郎 のざき-ぶきちろう

1848-1925 幕末-大正時代の実業家。
嘉永(かえい)元年8月3日生まれ。野崎定次郎の兄。祖父野崎武左衛門の跡をついで家業の製塩業を発展させ,道路改修,学校建設の援助など地域の発展につくした。明治23年貴族院議員。大正14年10月25日死去。78歳。備前(岡山県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

野崎武吉郎

没年:大正14.10.25(1925)
生年:嘉永1.8.3(1848.8.31)
明治大正期の塩業家。野崎常太郎と多計(荘氏)の長男。諱は〓,幼名富太郎。通称武左衛門,のちに武吉郎。号は竜山。元治1(1864)年祖父武左衛門の死去により,翌年家督を相続し10人扶持,苗字帯刀御免,大庄屋格に任ぜられる。明治になってから瀬戸内の塩業者で組織する十州塩業同盟会に深くかかわり,明治20(1887)年には十州塩田組合本部長に就任。この年祖法を踏襲して「野崎家家則決議書」を制定し,野崎家の経営方針を確定する。明治23年から39年まで貴族院議員,台湾塩田開発や塩専売法の成立に尽力。明治27年ごろには,所有耕宅地488町歩,塩田は181町4反余(86軒)におよぶ。また慈善事業,教育費に巨額の寄付を続け,育英・社会事業にも力を入れた。野崎家が採用した「当作部方制」は瀬戸内全域に一般的にみられる「浜問屋付小作制度」と異なり,浜子の指導者である大工層の経営参画を求めた独特の方式として注目された。野崎家企業としてナイカイ塩業株式会社が存続。

(渡辺則文)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野崎武吉郎の関連キーワード仙波太郎野崎幻庵野崎秋良貞臣井上甚太郎加藤常太郎鎌田勝太郎左座太郎野崎丹斐太郎藤田達芳

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone