コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金の瓜 きんのうり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金の瓜
きんのうり

日本の昔話の一つ。放屁したために奥方の座を追われた母の過去を知った男の子が,13歳のとき,殿様の屋敷に黄金のの種を売りに行き,「をひらぬ者がまかねばならぬ」と言い,「世の中に屁をひらぬ人間があるか」と殿様に言わせ,結局母は奥方の座に戻り,自分は跡取りになる。沖縄,奄美鬼界ヶ島壱岐佐渡など,主として島々に分布している。瓜のほか,なすや金のなる木などになっている話もあり,類話に「銭垂れ馬」その他がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんのうり【金の瓜】

昔話。〈金の茄子(なす)〉〈黄金の成る木〉とも称される。放屁(ほうひ)した罪で殿様がをうつぼ舟で流す。妃は懐妊していたので,流離中に男の子を生む。子どもが成長してその真相を知り,放屁しない人が植えると金のウリが実るウリ種を売りに出かける。城に行くと,殿様が放屁しない人間はないと言う。子どもは妃の放逐を問い責める。殿様は,自分の子どもであることを悟り,母子を城に招き,子どもを跡継ぎにする。少年の英知と機転そして知謀の小気味良さを主題にした物語である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android