金壺(読み)きんつぼ

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「金壺」の解説

きんつぼ【金壺】

兵庫の日本酒。主に地元で消費される本醸造酒はやや甘口の味わい。ほかに普通酒がある。原料米は山田錦など。仕込み水は雪彦山伏流水蔵元の「壺坂酒造」は文化2年(1805)創業。所在地は姫路市夢前町前之庄。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

精選版 日本国語大辞典「金壺」の解説

かな‐つぼ【金壺】

〘名〙 属でつくった壺形の器。銅壺(どうこ)鉄瓶などの
※宗湛日記‐天正一五年(1587)二月一一日「かなつほは、口広四寸四五分に高三四分、をりくち也」

きん‐こ【金壺】

〘名〙 黄金製の酒壺。
※本朝文粋(1060頃)八・消酒雪中天序〈藤原篤茂〉「既而金壺漏促。玉声詩成」 〔晏子春秋‐雑上・第一九〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「金壺」の解説

かな‐つぼ【金×壺】

金属製の壺。銅壺どうこの類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「金壺」の解説

【金壺】きんこ

水時計。李白〔烏棲曲〕詩 銀金壺、漏水多し きて看る、秋の江波につるを

字通「金」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android