コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金字経 きんじきょう

1件 の用語解説(金字経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金字経
きんじきょう

金粉をにかわなどに溶いたもので書いた経典。一般には,紺紙金泥と称される紺色の紙に金字または銀字をもって書かれたものが多く,日本,中国のみならずチベットでも行われた。また,金銀を交互に用いて書写したものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の金字経の言及

【装飾経】より

写経と版経の別なくみられ,東アジアで古代から現代までつくられている。さまざまな色に染めた色紙を継いで料紙とした色紙経,経文を金銀泥で書いた金(銀)字経,経巻の表紙や見返しなどに仏像や経意をあらわす経絵を描いたもの,さらに羅や綾の布を用いたり,軸の端に螺鈿(らでん)細工の香木を用いたものなど多様な装飾がなされるが,これらの手法を組み合わせた特に豪華なものを狭義の装飾経と呼ぶ。こうした経巻装飾は,仏説を正確に伝える経巻本来の機能とは無縁なものだが,経巻即仏の信仰などから,仏堂や法会儀式を飾るのと同様に仏とその教えを荘厳するため,通常の写経や版経とは別に,特殊な願いや供養に際してなされた。…

※「金字経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金字経の関連キーワード沃懸地撓め革金泥銀泥金文字葛餡葛煮薄書書本瓦煎餅

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金字経の関連情報