コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金環 きんかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金環
きんかん

古墳時代後期の遺物。細い金属の丸棒を曲げて,一部に切れ目のあるとした金属製耳飾り純金のものは少く,普通銅製の環に金箔銀箔をかぶせたものをいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きん‐かん〔‐クワン〕【金環】

金製の輪。金色の輪。
古墳時代、耳飾りに用いた切れ目のある金属製の

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きんかん【金環】

金色の輪。また、金で作った輪。
古代、耳飾りに用いられた金属製の切れ目のある黄色の輪形装飾品。古墳から出土する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の金環の言及

【装身具】より

…この新しい波は,一部は農民にも及んでいる。農民を表現した埴輪には環状の耳飾を着装したものがあり,その実物である金環と呼ばれる耳飾が,後期の群集墳から出土することも少なくない。 日本の装身具の歴史は,古墳時代をもってひとまず終局する。…

【耳飾】より

…弥生時代に耳飾を用いた例は,まったく知られていない。 古墳時代中期後半から,朝鮮半島から鎖で垂飾をたらした細い金環がもたらされ,6世紀後半には金めっきした銅の棒を環状に曲げ,一方に切れ目のあるものが全国的に用いられる。なかには中空の金製もあり,銀めっきしたもの,銅だけのものなどもある。…

※「金環」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金環の関連キーワード嗇・嘱・囑・拭・植・殖・燭・織・職・色・蝕・触・觸・食・飾吉見百穴(よしみひゃくあな)鬼塚古墳〈大分県国東市〉ライブストリーミング小見真観寺古墳江田穴観音古墳箭田大塚古墳江田船山古墳御年代古墳芝山古墳群桑野 通子石川 達三日拝塚古墳日食網膜症高橋 悦史賤機山古墳八木 一夫観音塚古墳中谷 一郎前二子古墳

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金環の関連情報