コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金環 きんかん

3件 の用語解説(金環の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金環
きんかん

古墳時代後期の遺物。細い金属の丸棒を曲げて,一部に切れ目のある環とした金属製耳飾り。純金のものは少く,普通銅製の環に金箔か銀箔をかぶせたものをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

きんかん【金環】

金色の輪。また、金で作った輪。
古代、耳飾りに用いられた金属製の切れ目のある黄色の輪形装飾品。古墳から出土する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の金環の言及

【装身具】より

…この新しい波は,一部は農民にも及んでいる。農民を表現した埴輪には環状の耳飾を着装したものがあり,その実物である金環と呼ばれる耳飾が,後期の群集墳から出土することも少なくない。 日本の装身具の歴史は,古墳時代をもってひとまず終局する。…

【耳飾】より

…弥生時代に耳飾を用いた例は,まったく知られていない。 古墳時代中期後半から,朝鮮半島から鎖で垂飾をたらした細い金環がもたらされ,6世紀後半には金めっきした銅の棒を環状に曲げ,一方に切れ目のあるものが全国的に用いられる。なかには中空の金製もあり,銀めっきしたもの,銅だけのものなどもある。…

※「金環」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金環の関連情報