コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

針布 しんぷ

大辞林 第三版の解説

しんぷ【針布】

金属性の針を基布に植えつけたもの。紡績の工程で繊維のもつれをほぐしたり、毛織物の起毛をするために用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

針布【しんぷ】

厚い丈夫な布またはゴム引布に鋼針を植え付けたもの。梳綿(そめん)機に取り付けて繊維をくしけずり,不純物や短繊維を除去し,繊維の方向を引きそろえる。また織り上がった布の起毛にも用いる。
→関連項目カード(機械)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんぷ【針布 card clothing】

紡績機械のカードで繊維塊をくしけずり,繊維を平面状に薄くならべたウェッブを作る役割を果たすもので,紡績用のほか,掃除用,タバコ製造用,起毛機用などもある。対向した1対の針布の間で繊維をくしけずり,あるいは高速で走る針布に布を接触させて毛羽をたてる。昔は種々の織物,フェルトなどをゴムのりで接着したベルト状の基布に細い針を植えた弾性針布をシリンダーなどに巻いて使用したが,現在のカードでは,フラットカードのフラット以外にはあまり使用されていない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

針布
しんぷ

紡績工程において、繊維のもつれをほぐし、方向をそろえるため、基布などに梳針(そしん)を植え付けたもの。また毛織物、綿ネルなどの織面をかき立て起毛するときにも使われる。紡績用、起毛用などにより、基布、梳針、植針の密度などに違いがあるが、綿布、麻布、紡毛絨(じゅう)などを何枚か重ね、その間に、にかわ、ゴムなどの層を置いて固定したもので、カード機のドラムに巻き付け使用する。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

針布の関連キーワード北島 謙次郎金属性毛織物

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

針布の関連情報