コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起毛 キモウ

5件 の用語解説(起毛の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

き‐もう【起毛】

[名](スル)布の表面の繊維を毛羽立たせること。ラシャフランネルなどで行う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

起毛【きもう】

織物やメリヤスの表面を針状のものでかいて毛羽立てる毛・綿織物などの仕上げ加工。紡毛織物では縮充後に行う。古くはたばねた松葉,アザミの実などを用いたが,今日では針布(しんぷ)による起毛機が一般化。
→関連項目毛織物整理機紡毛織物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きもう【起毛 raising】

布の表面をひきかいて,毛羽を出す加工。必要に応じて,このあとブラッシングbrushingにより毛羽の方向をそろえたり,シアリングshearing(剪毛)により毛羽の長さをそろえる。フランネルスエードクロス(皮革)が代表的な起毛製品である。起毛により,独特の外観,柔軟・豊満な風合いが得られ,また,保温性を上げたり,糸や布の組織を隠し,柄物の輪郭をぼかすなどの効果が得られる。布を柔らかくする目的のため,裏側を起毛することもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きもう【起毛】

布面に、けばをたてること。ふっくらとした肌ざわりをもたせ、保温性を高める。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

起毛
きもう
raisinggiggingnapping

織物、あるいはメリヤスの仕上げ方法の一つで、その表面または両面に、組織された繊維をかき出して毛羽を起こし、生地を厚くするとともに、触感を柔らかくし、ときには保温力を増加させる方法。織物組織からみると、緯糸(よこいと)に甘撚(あまよ)りの糸を使い、表面に緯糸を多く出すように織ったのち、毛羽立ちさせるのが普通である。起毛するには、古くはアザミの実(チーゼルともいう)を使い、その刺(とげ)先で織物の表面を何回もこすって毛羽を立てた。
 わが国でも、江戸後期に紀州(和歌山県)で盛んに織られた紋羽(もんぱ)などの綿織物を毛羽立てさせるために、松葉や縫い針を束ねて織物の表面をこすり、起毛する方法がみられた。近代に入って起毛機械は、アザミの実をドラムにはめ込んだあざみ起毛機と、起毛用針金を使った針金起毛機、ナイロンブラシ起毛機などを使っている。そして起毛工程には、乾燥起毛と湿潤起毛の2通りがあるが、湿式は乾式に比して起毛効果がよく、ネルや紡毛織物などに用いられるが、それぞれ目的に応じた適当な方法が使われる。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

起毛の関連キーワード毛羽プレス加工光沢機肌砂焼き桐ワッシャー加工毛掻き毛羽立つナッピング引風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

起毛の関連情報