鈴・鐸(読み)すず

大辞林 第三版の解説

すず【鈴・鐸】

多く金属製の中空の球で、下方に細長い穴をあけ、中に小さい玉をいれ、打ち振って鳴らすもの。呪力じゆりよくがあるとされ、古来神事や装身具として用いられ、のち楽器としても用いられる。 「 -を鳴らす」 「 -を振る」
駅鈴えきれい」に同じ。 「左夫流児が斎きし殿に-掛けぬ駅馬はゆま下れり里もとどろに/万葉集 4110
(「鐸」と書く)釣り鐘形で中に舌ぜつをつるした鳴り物。たく。れい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すず【鈴・鐸】

〘名〙
① 世界的に見られる体鳴楽器の一つ。主に金属製の、裂目のある球形の空洞のなかに、銅の球などを入れたもの。振って鳴らす。日本では、神楽(かぐら)・能楽などに楽器として用いるほか、神社の社頭につるすもの、参詣人や巡礼のもつもの、装身用のものなど種々ある。
※古事記(712)下「布を白き犬にけ、鈴(すず)を著けて」
※梁塵秘抄(1179頃)二「すずは亮振(さやふ)る藤太巫女、目より上にぞすずは振る」
② ①のうち、特に駅使(えきし)のしるしとして賜った鈴。駅鈴(えきれい)
※万葉(8C後)一八・四一一〇「左夫流児(さぶるこ)が斎きし殿に須受(スズ)掛けぬ駅馬(はゆま)下れり里もとどろに」
※大観本謡曲・須磨源氏(1430頃)「颯々のも駅路の夜は山よりや明けぬらん」
③ (ふつう「」と書く) つりがね形で、中に舌(ぜつ)をつるした鳴り物。風鈴などの類。鐸(たく)。れい。
※書紀(720)顕宗元年二月(寛文版訓)「是に、老嫗詔を奉りて鐸(スス)を鳴して進む」
④ 西洋音楽の打楽器の一つ。穴のある中空の金属球に小さな金属片がはいっているものと、風鈴状の小さな鐘形のものの二種あり、タンバリンやシズル‐シンバルのように数個の鈴を連ねた楽器もある。ベル。
⑤ 男根の異称。
※浄瑠璃・菖蒲前操弦(1754)三「アノ鈴は前立じゃ、ほんぼんの鈴戴してやらう程にと仰って」
⑥ 紋所の名。①を図案化したもの。神楽鈴、丸に三つ鈴などがある。
[語誌](1)日本では縄文時代の土製のものがみられるが、青銅の鈴がつくられたのは古墳時代以降である。
(2)令制下の駅制においては、馬に乗る身分証として「駅鈴」が用いられた。寺院の幡(ばん)や社寺の華鬘(けまん)にもつけられる。神社拝殿の鈴などは、鈴の音に邪気を払い神を招く役割をになわせたものである。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android