コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンバリン タンバリン tambourine

翻訳|tambourine

6件 の用語解説(タンバリンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

タンバリン(tambourine)

打楽器の一。円形の木製枠の片面に皮膜を張り、枠の周囲に金属製の薄い小円盤をつけたもの。打ったり振ったりして金属板を鳴りひびかせて演奏する。タンブリン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タンバリン

1枚皮の枠太鼓。片手に持ち,手でたたいて演奏する。円形の木枠(わく)にはジングルという金属製円盤が8〜16個ついていて,鈴のような響きを出す。中近東起源の楽器で18世紀に東ヨーロッパに伝わった。
→関連項目カッワーリーダフドイラドラム(楽器)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タンバリン【tambourine】

打楽器の一種。タンブリンともいう。直径24~42cm,深さ6cmの木または金属の枠の片面に,皮またはプラスチックヘッドを張り,枠の中央部に8ヵ所ほど楕円形の孔をあけ,各孔の真中に1本の針金を通し,そこに直径4cmの薄い金属円盤2枚を取り付けたもの。古代から宗教儀式,踊りに使われた。西アジア北アフリカおよびインドで用いられるドゥッフは,タンバリンの起源とみられ,イランパキスタンアラブ諸国でダーイラと呼称されている楽器もタンバリンの種類である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

タンバリン【tambourine】

太鼓の一種。胴枠に金属円板を二枚合わせにしたものを数個付け、片面に革を張ったもの。革を指先で打ったり、振って金属円板を鳴らす。タンブラン。タンブリン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンバリン
タンバリン

タンブラン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タンバリン
たんばりん
tambourine英語
tambour de Basqueフランス語
Tamburinドイツ語

膜鳴および体鳴の両要素を兼備した打楽器。タンブリンともいう。木製の枠(ごく浅い円筒状が一般的)に、片面のみ皮膜(羊、牛、合成皮革)を接着剤や鋲(びょう)で留めた枠太鼓であるが、これに加えて、枠に小さな金属円盤(対(つい)になったシンバル型が多い)を並べて、異質の音を融合させている。現在、管弦楽では、直径約25センチメートルのものが使用されている。膜面の中央や端、あるいは木枠の部分を打つときに、指先、指関節、こぶし、手のひら、膝(ひざ)、または桴(ばち)を使い分けて、大小の音をダイナミックにあるいは微妙に表現できる。また、ぬれた親指の先で膜をこすって風変わりなトレモロ効果を出したり、楽器全体を振って金属音だけを聞かせることもできる。
 この楽器は西アジア古代文明に端を発し、インド、中国、インカ、グリーンランド、中世ヨーロッパなどに広く伝播(でんぱ)した。オーケストラには18世紀後期のモーツァルト以来用いられ、東洋的雰囲気や舞曲の感じを出すのに利用されている。[山口 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のタンバリンの言及

【スペイン音楽】より

…管楽器も,ガイタgaitaと呼ばれる縦笛,ドゥルサイナdulzainaと呼ばれる素朴なクラリネット,あるいはバッグパイプ(これもガイタと呼ぶことが多い)など,地方によっていろいろな種類が用いられる。打楽器はともに古い起源をもつタンバリン(パンデレータpandereta)とカスタネット(カスタニュエラスcastañuelasまたはパリーリョスpalillos)のほか,大小の太鼓類がある。クリスマスの楽器として知られるサンボンバzambombaは,太鼓の中央に1本のアシを通し,ぬれた手でそれをこすることにより面皮を共鳴させる〈摩擦ドラム〉である。…

【太鼓】より


[構造]
 構造の主要部分は,音を生み出すために必要な,膜の緊張を保持する機構と,膜の振動を太鼓の音として特徴づける機能をもつ胴の形態である。(1)膜 膜の形は一般に緊張力に有利な円形であるが,楕円形(ラップランドのギーブルgievre),四角形(ドゥッフ),多角形(ダッフおよび中国のタンバリン),あるいは木の幹の断面そのままの不規則な形を残しているもの(アフリカ)などがある。材料は主として動物の革で,初期には水生動物(魚,爬虫類),後になって陸生動物が用いられるようになったといわれているが,現在もなおエジプトのダルブッカ,ハワイ諸島のパフ・フラpahu huraなどには魚,中国大陸,インドシナ半島,南アメリカではわずかではあるが蛇,オセアニア各地ではトカゲの皮が用いられている。…

【ドゥッフ】より

…アラブやトルコの古典音楽に用いられるものは,直径約25~30cmで,木枠の側面に3~5対の小型シンバルが取り付けられている。西洋のタンバリンはもともと西アジア起源で,ドゥッフの一種と見ることができる。事実アドゥフェadufeと呼ばれるポルトガルの四角形タンバリンの名称は,アラビア語のドゥッフに由来する。…

※「タンバリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タンバリンの関連キーワードタンブラー莫目タンブリンコペンハーゲンブルー管弦舞楽ランブリング偽性グロブリン無γグロブリン血クリンタンサイド・ドラム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タンバリンの関連情報