鈴木真砂女(読み)すずき まさじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木真砂女 すずき-まさじょ

1906-2003 昭和-平成時代の俳人。
明治39年11月24日生まれ。昭和11年から大場白水郎にまなぶ。23年「春灯」にはいり,久保田万太郎,安住敦(あずみ-あつし)に師事。波乱にみちた人生の哀歓をよみ,51年「夕蛍」で俳人協会賞,平成7年「都鳥」で読売文学賞。11年「紫木蓮」で蛇笏(だこつ)賞。東京銀座で小料理屋卯波」を経営。平成15年3月14日死去。96歳。千葉県出身。日本女子商業(現嘉悦学園)卒。本名はまさ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android