コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木真砂女 すずき まさじょ

1件 の用語解説(鈴木真砂女の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木真砂女 すずき-まさじょ

1906-2003 昭和-平成時代の俳人。
明治39年11月24日生まれ。昭和11年から大場白水郎にまなぶ。23年「春灯」にはいり,久保田万太郎,安住敦(あずみ-あつし)に師事。波乱にみちた人生の哀歓をよみ,51年「夕蛍」で俳人協会賞,平成7年「都鳥」で読売文学賞。11年「紫木蓮」で蛇笏(だこつ)賞。東京銀座で小料理屋「卯波」を経営。平成15年3月14日死去。96歳。千葉県出身。日本女子商業(現嘉悦学園)卒。本名はまさ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木真砂女の関連キーワードHomeStyle+科学技術児童雑誌インターナビ・プレミアムクラブ産業再生法ショーン ペンWAX松田龍平スカイハイ冷夏

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鈴木真砂女の関連情報