コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安住敦 あずみ あつし

2件 の用語解説(安住敦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安住敦 あずみ-あつし

1907-1988 昭和時代の俳人。
明治40年7月1日生まれ。逓信省に勤務,局長の富安風生(とみやす-ふうせい)にまなぶ。昭和10年日野草城の「旗艦」に参加,戦後は久保田万太郎の「春灯」の創刊にくわわり,万太郎の死後は主宰。46年俳人協会理事長,57年会長。47年「午前午後」で蛇笏(だこつ)賞。昭和63年7月8日死去。81歳。東京出身。立教中学卒。著作はほかに随筆「春夏秋冬帖」など。
【格言など】花鳥とともに人生があり,風景のうしろに人生がなければつまらない(句作のモットー)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安住敦
あずみあつし
(1907―1988)

俳人。東京に生まれる。立教中学卒業。俳句は逓信省在職時代、局長であった富安風生(とみやすふうせい)に学ぶ。1934年(昭和9)日野草城主宰『旗艦(きかん)』に参加、新興俳句運動に没頭。『旗艦』改題『琥珀(こはく)』の解散(1944)後は、敦が中心となって『多麻(たま)』を発刊。1945年(昭和20)久保田万太郎を擁して『春燈(しゅんとう)』を創刊した。1963年5月、万太郎没後、その主宰者となった。句集に『貧しき饗宴(きょうえん)』(1940)、『古暦』(1954)、『暦日抄』(1965)、『市井暦日』(1971)、『午前午後』(1972)、随筆集に『春夏秋冬』(1966)。1972年第6回蛇笏(だこつ)賞受賞。2000年(平成12)に『安住敦全句集』が刊行された。[楠本憲吉]
 しぐるるや駅に西口東口
『『市井暦日』(1971・東京美術) ▽『午前午後 句集』(1972・角川書店) ▽『春夏秋冬帖』新装版(1975・牧羊社) ▽『続・春夏秋冬帖』(1975・牧羊社) ▽『安住敦句集 自選自解』(1979・白凰社) ▽『柿の木坂雑唱 第四句集』(1980・永田書房) ▽『柿の木坂雑唱以後 句集』(1990・平凡社) ▽『安住敦集』(1994・俳人協会) ▽『安住敦全句集』(2000・春灯俳句会) ▽『雪・月・花・ほととぎす』(2001・宝文館出版) ▽安住敦ほか編『現代俳句大辞典』(1980・明治書院) ▽安住敦編『久保田万太郎句集』(角川文庫) ▽週刊朝日編『季に寄せる――続花のうた草の囁き』(1988・朝日新聞社) ▽戸板康二著『みごとな幕切れ』(1990・三月書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安住敦の関連キーワード橋本鶏二楠本憲吉室積徂春中島斌雄大場美夜子岡田日郎岸田稚魚原コウ子福田蓼汀富士崎放江

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安住敦の関連情報