コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安住敦 あずみ あつし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安住敦 あずみ-あつし

1907-1988 昭和時代の俳人。
明治40年7月1日生まれ。逓信省に勤務,局長の富安風生(とみやす-ふうせい)にまなぶ。昭和10年日野草城の「旗艦」に参加,戦後は久保田万太郎の「春灯」の創刊にくわわり,万太郎の死後は主宰。46年俳人協会理事長,57年会長。47年「午前午後」で蛇笏(だこつ)賞。昭和63年7月8日死去。81歳。東京出身。立教中学卒。著作はほかに随筆「春夏秋冬帖」など。
【格言など】花鳥とともに人生があり,風景のうしろに人生がなければつまらない(句作のモットー)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安住敦
あずみあつし
(1907―1988)

俳人。東京に生まれる。立教中学卒業。俳句は逓信省在職時代、局長であった富安風生(とみやすふうせい)に学ぶ。1934年(昭和9)日野草城主宰『旗艦(きかん)』に参加、新興俳句運動に没頭。『旗艦』改題『琥珀(こはく)』の解散(1944)後は、敦が中心となって『多麻(たま)』を発刊。1945年(昭和20)久保田万太郎を擁して『春燈(しゅんとう)』を創刊した。1963年5月、万太郎没後、その主宰者となった。句集に『貧しき饗宴(きょうえん)』(1940)、『古暦』(1954)、『暦日抄』(1965)、『市井暦日』(1971)、『午前午後』(1972)、随筆集に『春夏秋冬』(1966)。1972年第6回蛇笏(だこつ)賞受賞。2000年(平成12)に『安住敦全句集』が刊行された。[楠本憲吉]
 しぐるるや駅に西口東口
『『市井暦日』(1971・東京美術) ▽『午前午後 句集』(1972・角川書店) ▽『春夏秋冬帖』新装版(1975・牧羊社) ▽『続・春夏秋冬帖』(1975・牧羊社) ▽『安住敦句集 自選自解』(1979・白凰社) ▽『柿の木坂雑唱 第四句集』(1980・永田書房) ▽『柿の木坂雑唱以後 句集』(1990・平凡社) ▽『安住敦集』(1994・俳人協会) ▽『安住敦全句集』(2000・春灯俳句会) ▽『雪・月・花・ほととぎす』(2001・宝文館出版) ▽安住敦ほか編『現代俳句大辞典』(1980・明治書院) ▽安住敦編『久保田万太郎句集』(角川文庫) ▽週刊朝日編『季に寄せる――続花のうた草の囁き』(1988・朝日新聞社) ▽戸板康二著『みごとな幕切れ』(1990・三月書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

安住敦の関連キーワード鈴木 真砂女成瀬桜桃子稲垣きくの鈴木真砂女加倉井秋を春夏秋冬帖島 公靖7月1日敦忌

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安住敦の関連情報