コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄カルボニル てつカルボニル iron carbonyl

3件 の用語解説(鉄カルボニルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てつカルボニル【鉄カルボニル iron carbonyl】

鉄に一酸化炭素が配位した錯体。純鉄カルボニル分子としては[Fe(CO)5],[Fe2(CO)9],[Fe3(CO)12]があり,純鉄カルボニルイオンとしては[Fe(CO)4]2-,[Fe2(CO)8]2-,[Fe3(CO)11]2-,[Fe4(CO)13]2-がある。このほか他の配位子を含む多数の誘導体が知られている。
ペンタカルボニル鉄(0)]
 化学式Fe(CO)5。酸化鉄(III)を還元して得た粉状の鉄を,一酸化炭素中,200気圧で180~200℃に加熱すると得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄カルボニル
てつカルボニル

カルボニル鉄」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄カルボニル
てつかるぼにる
iron carbonyl

鉄の一酸化炭素錯体の総称。ペンタカルボニル鉄(0)(五カルボニル鉄)Fe(CO)5、ノナカルボニル二鉄(0)(九カルボニル二鉄)Fe2(CO)9、ドデカカルボニル三鉄(0)(12カルボニル三鉄)Fe3(CO)12の三種が知られているが、ペンタカルボニル鉄(0)がもっとも重要で、普通に鉄カルボニルといえばこれをさすことが多い。ペンタカルボニル鉄(0)は、酸化鉄()を還元して得た細粉状の鉄に約200℃、50~200気圧の下で一酸化炭素を反応させることによってつくられる。常温では粘性のある黄色の液体。水にほとんど溶けないが、ベンゼン、エーテル、アルコールなどの有機溶媒にはよく溶ける。暗所では安定であるが、光を当てるとFe2(CO)9とCOとに分解する。250℃以上で熱分解すると純鉄を残すので鉄の精錬に利用される。液状のペンタカルボニル鉄(0)はきわめて毒性が強く、その蒸気が空気と爆発性混合物をつくるので、取扱いには十分の注意が必要である。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉄カルボニルの関連キーワード塩化カルボニル酸化炭素炭素化合物ニッケルカルボニル改質器カルボニル一酸化炭素ヘモグロビン一酸化炭素変成反応慢性一酸化炭素中毒カルバミノ化合物 (carbamino compound)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone