コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄カルボニル てつカルボニルiron carbonyl

世界大百科事典 第2版の解説

てつカルボニル【鉄カルボニル iron carbonyl】

鉄に一酸化炭素が配位した錯体。純鉄カルボニル分子としては[Fe(CO)5],[Fe2(CO)9],[Fe3(CO)12]があり,純鉄カルボニルイオンとしては[Fe(CO)4]2-,[Fe2(CO)8]2-,[Fe3(CO)11]2-,[Fe4(CO)13]2-がある。このほか他の配位子を含む多数の誘導体が知られている。
ペンタカルボニル鉄(0)]
 化学式Fe(CO)5。酸化鉄(III)を還元して得た粉状の鉄を,一酸化炭素中,200気圧で180~200℃に加熱すると得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄カルボニル
てつカルボニル

カルボニル鉄」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄カルボニル
てつかるぼにる
iron carbonyl

鉄の一酸化炭素錯体の総称。ペンタカルボニル鉄(0)(五カルボニル鉄)Fe(CO)5、ノナカルボニル二鉄(0)(九カルボニル二鉄)Fe2(CO)9、ドデカカルボニル三鉄(0)(12カルボニル三鉄)Fe3(CO)12の三種が知られているが、ペンタカルボニル鉄(0)がもっとも重要で、普通に鉄カルボニルといえばこれをさすことが多い。ペンタカルボニル鉄(0)は、酸化鉄()を還元して得た細粉状の鉄に約200℃、50~200気圧の下で一酸化炭素を反応させることによってつくられる。常温では粘性のある黄色の液体。水にほとんど溶けないが、ベンゼン、エーテル、アルコールなどの有機溶媒にはよく溶ける。暗所では安定であるが、光を当てるとFe2(CO)9とCOとに分解する。250℃以上で熱分解すると純鉄を残すので鉄の精錬に利用される。液状のペンタカルボニル鉄(0)はきわめて毒性が強く、その蒸気が空気と爆発性混合物をつくるので、取扱いには十分の注意が必要である。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鉄カルボニルの関連キーワード鉄カルボニル(データノート)シクロブタジエン

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android