コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍵取 かぎとり

2件 の用語解説(鍵取の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かぎとり【鍵取】

本来は倉庫の鍵を預かり出納にあたる役。鎰取とも書く。律令では中務省に大少の典鑰(てんやく)が各2人おかれ,〈かぎのつかさ〉〈かいとり〉と読まれた。また,国にも徭丁として鎰取がいたし,僧綱所にもいた。中世には宇佐八幡宮,肥前河上社,筑前観世音寺等の社寺にも鎰取がいた。浄土真宗では開山の御厨子(みずし)の開閉にあたる鎰取を勤番とも呼んだ。荘園でも高野山領備後大田荘にも荘官の一員として鎰取がみられる。近世では郷倉の管理にあたる者を鎰取と呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鍵取
かぎとり

村落の旧家などで、鎮守の社殿の鍵を預かって祭りのときに扉を開閉したり、賽銭(さいせん)の保管をしたりする役の者をいう。鍵預り、鍵持ちなどともいう。古代では、中務(なかつかさ)省に属して、庫蔵の鍵の出納をつかさどる職たる大典鎰(てんやく)・少典鎰の別名が「鎰(かぎ)取」であった。中世では、社寺の厨子(ずし)の鍵を預かる役、および社寺領荘園(しょうえん)の倉庫の鍵を預かる役が「鎰取」であった。近世には、神社の役のほかに、村役人のなかで郷倉(ごうぐら)の鍵を預かる者のことをもいったりした。[萩原龍夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鍵取の関連キーワード蔵法師監物盗人に鍵を預ける留守を預かる預り所預り証預り証文預り主鎰取蔵預り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鍵取の関連情報