コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎮守の森 チンジュノモリ

デジタル大辞泉の解説

ちんじゅ‐の‐もり【鎮守の森】

鎮守の社の境内にある

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちんじゅのもり【鎮守の森】

村落を中心としたような一区域を鎮め守る神社の境内にある森。日本では普通,村落の中や外れに鎮守の社があるが,そこは村落の主要な行事のための集いの場でもある。この神社には森林が存在するのが普通で,それには,神社の風致を維持するため,また社の修理や改修の用材確保のためなどの目的がある。神社の性格からみて大規模なものは少ない。暖帯の低地では,クスノキ,カシ,シイなどが多く,また全般にマツ林もみられる。普通,スギ,ヒノキを主とした林が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

鎮守の森の関連キーワードNPO法人 社叢学会農村コミュニティ北摂府立自然公園森(もり)上田篤御嶽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鎮守の森の関連情報